雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

長男の療育

 

 私の長男は、3才10か月から、小6までの8年間、個人の先生に療育を受けていました。

 通い始めは、私の方が、先生が、何を言おうとしているのか、何を教えようとしているのか、全然わからないことがありましたが、だんだんそれを理解し、人にとって何が大事なのかが、少しだけわかるようになりました。

 8年間で先生や子供の成長に教わったことは大きく、何から書いていいかわかりませんが、今日は、心に残っている言葉を、ほんの一部だけご紹介します。

 

f:id:rtaroyma:20170316150929j:plain

 今までは、ちょっとでも悪いことがあると、いやだなぁと思ってたけれど、悪いことがあっても、自分を許す。

 なぜかというと、自分と一緒にずっと過ごしているから、(自分と)仲良くならないと、楽しい人生を過ごせないし、自分を好きになると、ほかの人とも、仲良くなれるから 

f:id:rtaroyma:20170316151907j:plain

 

f:id:rtaroyma:20170316151048j:plain

 

(意味などご不明なところがありましたら、プロフィール欄の、お問い合わせフォームまで、ご連絡ください)

 

 

■私のメモより■

H19.12.13

・最初、泣く場面があった。「先生が怖い」など。先生に言われることが、怒られているように感じたり、不安になってしまうようだ。

 

・さみしくなり、そこにいられなくなる。

 

・「怒ってないんだよ、注意してるだけ。だって、みんな諒太郎のことが大好きなんだからね」と、抱っこして話してやる。

繰り返し繰り返し、話していれば、わかってくるかな?幼稚園でも、落ち込むこと多々あるらしい。

 

・感じたこと、思っていること、少しずつでも話せるように、働きかける。なるべく小さいうちからできるようになれば、周りの人に誤解されず、可愛がられる。

かわいがられて育っていくことが大切。

失敗、失敗という思いを自分の中に積み重ねて行くと、大きくなってからとても生きにくくなる。

 

H20.1.  

・「わからない」ことを「わからない」と言えるようにする。

 

H20.2.9

・お腹の周辺、特にへその下のかたい筋肉、腕の筋をマッサージしてやると、緊張がとれる。

周りの声や音も聞こえやすくなる。(緊張で声や音が聞こえない場合がある)

 

 

 

H19.7.14

・心と体はつながっており、筋肉量が少なく産まれてきた子については、思うように体が動かないことによって、不安が強いことがある。筋肉をつけると、怖さが少なくなっていく。

 

1 ねころばせて ①足の曲げ伸ばし

         ②腕の曲げ伸ばし

2 立って互いに手のひらを合わせ、押し競。すもうのように。

  プラス ストレッチをする。

 

H19.8.31

1 スクワット

2 踏み台昇降

3 手押し相撲   

 

 

    長男は、今でこそ堂々とした体になってきましたが、小さい頃は肩と腕が細く、抱っこしていても、筋肉が弱いせいか、体の芯があまりないというか、だらっとしていて、重く感じました。スポーツをいろいろさせたのは、こんないきさつからでもあります。

 

 では今日はこの辺で。。ご不明な点はお問い合わせください🌸

 

 

 

 それでは、最後に一曲 

 

youtu.be

 

 

 もうすぐ春!ですね。 皆様お元気で👋

 

すてきな言葉と映像

 

 🌸以前にもご紹介させていただいた、BONGTENGさんのブログですが、最新記事に感動したので、勝手ではありますが、またこの場を借りてご紹介させていただきます。

 

bongteng.hatenablog.com

 

 

 

 いろんな足かせがあったり、思い通りにならない毎日だったりもしますが、この記事を読ませて頂き、心が癒され、元気が出ました。

 ありがとうございました。

 

f:id:rtaroyma:20170311140209j:plain

 

 

 

 🌸それから、こちらも、勝手ながらご紹介させていただきます。

 harienikkiさんのこちらのブログですが、お母様のすてきな貼り絵と、ご家族の温かさが伝わってくる涙あり、笑いありのお話、いつも読ませていただいて、癒されています。

 

harienikki.hatenablog.com

 

 

 これからも、お母様のご活躍をお祈りします!

 また、これからも、ご家族の皆様がお幸せでありますように。。

 

 

f:id:rtaroyma:20170316005140j:plain

 

 

  🌸それから、こちらも、また勝手ながらのご紹介ですが、、

 kozikokozirouさんの、ブログです。

 私が下手な言葉をならべるより、読んでいただけたらと思います。

 すてきなkozikokozirouさん、いつも元気を下さってありがとうございます。

 尊敬しております。こんないい女になりたい、と思う私なのでした。。!!

 

kozikokozirou.hatenablog.com

 

 

 他にも、たくさん素敵なブログがありますが、皆様、私にいろんなことを教えて下さって、元気を下さって、ありがとうございます。

 これからも、お忙しいとは思いますが、お元気で、、ブログ楽しみにしています。

 今後とも、よろしくお願いします!!

 

  

時折の色彩

 

 知り合いのブロガーさんの、Zeldaというバンドの話を聞いているうち、私も一曲、たまらなく好きな曲を思い出しました。

 

『時折の色彩』Zelda

 

 

 風のようにやってきて 空のように話しかけて

 海のように抱きしめて 大地のように見つめていて

 太陽のない昼 月のない夜 光のように輝らし出して

 

 透き通った水差しに 大気の彩画舞う

 溶き油と絵の具は溶けて交じり合う

 あなたは色彩 時折私を映し出す

 

 火のように包み込んで 水のように自由にして

 空気のように求めて 宇宙のようにどうか愛して

 

 透き通った水差しに 空の壁画揺れ

 溶き油と絵の具は溶けて交じり合う

 私は色彩 時折あなたを描き出す

 

 森の中で追いかけ合い 湖でひと泳ぎしたら

 どうか私を一番高い所へ連れてって

 

 あなたは色彩 時折私を映し出す

 私は色彩 時折あなたを描き出す

 二人は色彩 時折ひとつの色になる

 

 

 

youtu.be 

 

 

  

  今日は、二男の入学の準備をしたり、3月でやめる卓球教室にあいさつに行ったり、買い物したりで、あっという間に夕方になりました。

 それから、子供たちから、一日遅れのホワイトデーをいただきました。

 初めてのことです😊

 

f:id:rtaroyma:20170315180807j:plain f:id:rtaroyma:20170315180825j:plain

f:id:rtaroyma:20170315180904j:plain

それではまた、お元気で👋

 

 裏には、WBCイスラエス戦の模様を書けたらいいなと思ってます!

 

 

寝坊

 

 寝坊してしまった。

 あれ?でも、特に予定はなかったのかな?

 おかしいなと思いながら、朝ご飯を作る。すると、つんざくような叫び声をあげて、長男がやって来た。

 うわ、起きたのか、もう少し寝てくれてたらいいのに。私の足に絡みつき、泣き叫ぶ。抱っこしてなだめ、急いでりんごをむいて出す。これで1分くらいは大人しくしていてくれるだろう。

 味噌汁をあたためる。そして出す。この際順番なんか関係ない。りんご1個の半分をもう食べてしまっている。味噌汁を飲んでいるすきに、ごはんと、根菜のそぼろあんかけを用意する。味噌汁がなくなって、ぎゃーぎゃーいいながら台所へやってきた。はいっ。どうぞ。ごはん茶碗を渡すと、ほくほくして持っていく。スプーンで、ごはんと、あんかけを上手に食べた。

 片付けが終わらないうちに、長男が私のおしりをギューギュー押して、外へ行かせようとする。ち、ちょっと、待って。。私日焼け止めもぬってない!そんなことはどうでもいい、と怒り叫びながら私を玄関の外へ押し出そうとする。あぁ、外に出たら最後、夜まで戻ってこれないー!!せめて財布を・・・!こんな毎日いやだぁぁぁー。

 

 ・・というところで目が覚めた、と思う。しばしぼーっとする。

 あぁ、長男が1才か2才くらいのときの夢だ。そのかんしゃくに毎日つきあっていたころの、思い出したくないような、なつかしいような思い出。

 

 

 と、時計を見ると、かあーーーーーーっ!!6時48分!! って、今日、お弁当じゃなかったっけ?!

 長男(中2)まで、まだ寝ている。「ちょっと、諒太郎、時間、時間!遅れる!!」

 長男、のっそり起き、だまって支度する。

 私の方がパニックだ。

 ちっ、母ちゃん寝坊したな?   

 ごめん、目覚まし鳴らなかったんだよ!! あんたこそどうしたの!

 体内時計が鳴らなかったんだよ、ちっ。やべえ。弁当は?

 今、おにぎりにぎってるとこ!! 早く食べちゃいな!!

 かくして、長男の今日の弁当は、巨大すじこおにぎり、計2個のみ。

 なんとか、出発時間ギリギリ。

 「いってきまーす」

 175㎝の長男が、何事もなかったかのようにすっすっと歩いて行ってしまった。

 

 なんだよー、今も昔も、私だけバタバタしちゃって。。自分はさっさと大きくなっちゃって・・

 その姿を横目で見ながら、今度は二男の朝ごはん。。ふと、もう一度、さっきの夢を思い出したら涙が出てきた。もう、あのかんしゃくには、会えないんだね。うれしいような、寂しいような。

 長男の卒業式ってわけでもないのに、こんなときに涙が出るなんて。長男のことで泣くなんて初めてかもしれない。 

 本当に、中学入学まで、心配させっぱなしだったから・・お前は・・。

 今の、安定を奇跡のように思う。

 

 来年の卒業式は、もしかして、もしかして・・大号泣かも。。(TT)

 

 

f:id:rtaroyma:20170314180601j:plain

 

f:id:rtaroyma:20170314180648j:plain

   笑顔とはうらはらに、癇癪がひどかった

 ひどかったから、笑顔を見つけては撮った

 

 

反抗期だけど・・

 

 家は、一昨年引っ越しをした。

 引っ越しても、二男は、元の小学校にそのまま通っていたのだが、距離が遠くなったので、集団登校の集合場所までは、毎日車で送って行っていた。

 今朝も車でそこまで送って行った。 

 途中、ふと、もうすぐ二男も卒業だと思い出した私。 あと数日である。 あと数日で、この送迎も終わってしまう。

 

「そういえば、今週いっぱいで卒業だよね!」というと、珍しく素直に

「ああ、そうだよ」と言う。

「・・・どんな小学校時代だった?」

「・・・・。」

「一言では言えないよね・・」

「まあ。」

「でも、君のその人柄だと、いろいろ得るものが多かっただろうね」

「まあ。。」

「けっこう充実してたんじゃない?」

「・・そうだね。」

 静かな会話が続く。こんなに二男と話したのは久しぶりだ。

 そして、カタカタと二男の口が震えた。車がまだ暖まっていなかったのだ。

 3月だけれど、まだ朝は寒い。

 

 寒い日も、暑い日も、毎日6年間も通ったんだもんね。

 悲しいかな、二男のことは、じっくり考える暇もなく、長男ばかり心配して育ててきたから、思い出という思い出がはっきり思い出せない。いつの間にか6年も経ってしまった。

 それくらい、長男にくらべて、手のかからない子だったのだろう。

 反抗期だといっても、長男の、かんしゃく時代にくらべたら、何てことはない。

 

 学校では、穏やかでしっかりした子供だったらしく、いろんな役目を仰せつかって頑張っていた。 何かの実行委員に選ばれたとか、そんな話を聞くたび、あれ、トンビが鷹を産んだかな?と思った。

 低学年では、本の虫で有名だった二男。高学年では、運動能力が伸びたのか、陸上やスポ少で活躍してくれた。 当たり前のように、いろんなことをやってのけていた二男。

 

 集団に溶け込むのがうまく、いつも友達の輪の中にいた。友達も、よく家に連れて来た。時には、女の子の姿もあった。

 おしゃべりでも、積極的な方でもないけど、静かに笑っていることが多かった。

 長男の同級生たちとも、群れて遊んでいた二男。

 私は、群れることが苦手だ。それで損していることも多々ある。だから、「集団が得意」ということが、二男にとって、将来何らかの武器になってくれたらいいと思う。

 

 ・・とはいえ、家では散らかしっぱなしで、ひっくり返って動画を見る図は本当にいただけない。

 反抗期だけど、少し甘えすぎじゃないのか?家で気を緩めすぎじゃないのか?!

 そして兄弟ゲンカ。たいして広くもないリビングは、もうぐちゃぐちゃである。

 

 当分「やめろー!!」「片付けろー!!」「ゲームやめて早く食えー!!」の叫びとともに、母の嘆きは、続くと思われる。

 まだまだ、子供だね。。(^_^;)  でも、少し、ほっとしてもいる。

 

 

 読んでいただいて、ありがとうございました!!

 

   f:id:rtaroyma:20170313161625j:plain

        反抗期前は、超ひょうきんだった二男

           今はもう、身長170㎝!!

 

 

日本勝利!!

 

 おめでとう日本!!

 オランダに勝ったのは大きい!!!

 中田さんナイスバッティング!!

 みんな頑張った!! 出し切った!!!

 お疲れ様!!

 感動をありがとう!!!

11回裏

 

 牧田ふんばれ!

 あと1アウト。

延長11回!

 

 中田で2点勝ち越し!

 坂本ヒット!

 山田残念!

 11回裏死守してくれー!!