読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

おじいちゃんおばあちゃん

 

 新しい仕事が決まり、来月下旬からの勤務となった。

 今までしていた仕事も、少しでも続けたかったのだが、一つ、時間の関係で辞めなければならなくなった。

 あまり辞めたくなかった、高齢者施設の仕事である。

 

 今日も、おじいちゃんおばあちゃん、みんな死なずに元気だった。

(急死することもけっこうある、心筋梗塞なんかで。)

 

 私を呼び止め、ニコニコして近づくおばあちゃんがいる。

 なぁに?と聞くと、だまって、アメを差し出す。🍬

 いつもくれる、塩飴。

 ありがとね、いつも。といただく。

 

 ベッドメイクに行った先の、おばあちゃん。

 飲んでいけ、と、車椅子でお湯を沸かし、コーヒーを淹れてくれた。

 コーヒーカップにたっぷり。・・みんなに見つからないように飲むんだよ。

 ありがと、・・あっあっあっ、あぢっっ!

 仕事中なので、急いで飲んだら、猫舌の私はこうなる。

 ほーっほっほっ。あわてなさんな。

 

 ついでに、ゆでたまご、食べなさい。・・なんでゆでたまご

 いいから、いいから。と、むいたたまごを素手!で差し出す。 あ~ん。

 はぁぁぁ?? ま・・いいかぁ・・かたじけない。あ~ん。 どう?

 どう?って言われても・・・は、半熟でおいしいっすね!! ヘルシーだし。

 そして、私のエプロンのポケットに、お菓子をつめこむ。ポケットはパンパン。

 ありがと、また来週くるね。

 

 別のおばあちゃん。・・・あんたコーヒーのむ?クリーム入れる?

 はぁ、入れます。 ・・・そうかい、何もないから、クリームあげる。

 そう言って、ポーションタイプのミルクを私のポケットにつっこむ。どっさりと。

 あ、ありがと、そんなにもらったら、なくなっちゃうよ?

 そう言っても、ニコニコしている。

 私のポケットは、どうみても怪しいくらい膨らんでいる。いつも。

 

 別のおじいちゃんは、・・このかりんとう、美味いんだよ~と言って、ティッシュにいっぱいくるんで、私に差し出した。帰って開けてみたら、案の定ベタベタになっていた(^_^;)

 トマトジュースを作って、差し出してくれたおじいちゃん。・・なんも怪しいもん入ってねーがらな。体にいいから飲め。 いまいち怪しいが・・いただきまーす(^_^;)

 

 私の顔を見ると、散歩いくべ!といつも言うおじいちゃん。

 わざと、甘えてくるおじいちゃん。 

 若い頃の話や、戦争の話、いろんな話をしてくれたおばあちゃんたち。

 

 う~ん、会えなくなるのか・・・ う~ん。

 別れるのつらいな・・・!!!!