読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

今日からまた頑張ろう

 

 今週末、長男(中3)は修学旅行に、二男(中1)は宿泊学習に出発する。

 二人ともいない日が1日だけある。主人には、そのことは黙っていた。

 どうして?うーん・・なんとなく。

 でも、昨日、あちらから二人の日程を聞いてきたので、主人の知るところとなってしまった。

「どうする?その日の夕方、二人で飯でも食べに行く?」主人の方から言って来た。

「でも、夜勤だし、早く寝るんでしょ?」

「メシくらいいいさ」

「じゃあ、考えとく。手軽なコース料理とか食べたいなぁ・・?」

「いいよ」

「ありがとう」

ちょっとコース料理を思い浮かべて、嬉しくなった私。

「・・・しほ」

「?」

「どうする?」

・・ドキ。胸騒ぎがする。

「なに?イタリアンかフレンチ、どっちにするかって?」

 

「・・も一人子供つくる?」

・・!赤面、というか、そんなストレートに言うか。勘弁してほしい・・

「やだ、、もう、バカ」

勘弁してほしいのだが、はっきり断ることもできない。

「できちゃったら、困る・・」というのが精いっぱい。

「そうそう、最近、少し瘦せたんだよね。だから胸も一段と痩せちゃって、だめだめ、はは。。」

何を言っているのか、自分でもわからない。なんとなく誤魔化そうとしているだけだ。

いいじゃん、・・お前いい乳房してるよ

・・!頭どっかーん!であある。もう耐えられない。そそくさと台所に立ち、なんとなくキャベツの千切りをひたすら刻んだ。

 主人もさすがに恥ずかしくなったのか、じゃ、出かけてくる、と言って、行ってしまった。

 ああ、やだー!もう!そういうこと言わないで。今週末、怖いよー。

 なぜか頭の中をワンオクのラブソングが流れた。知り合ってもう20年。そんな感じちゃうで!と必死で雑念を追い払ったことは言うまでもない。