雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

発達障害グループ


 『発達障害』のブロググループを作って二年ほど経つ。参加ブログは、140を越えた。

 私も発達障害グレーゾーンであり、長男はアスペルガー症候群
 発達障害者は、定形型に比べ、一般に早くもない、強くもない。生きにくさを多く抱えている。

 抜きん出て優れた面を持つ場合もあるが、実行には極めて難しい能力がたくさんある。それを工夫の上克服したり、優れた面を仕事に生かし、生きていけている人は、本当に良い方である。
 しかし、そこまでの道のりは、険しく葛藤と想像もつかない努力の連続だっただろう。


 周りより劣る自分に、根強いコンプレックスを持ったり、努力ではなんとも出来ないやりきれなさに希望を失っていたり。
 体調も、疲れやすかったり、睡眠障害があったり、ストレスに弱かったり、一般社会で闘うには、ハンデが多いとも言える。

 そうは見えないのに、幼い頃から、死にたいと思っている場合もある。

 私がブログを書くと、少しは発達障害のグループの方も読んでくれる。
 その方々に希望を持ってもらうことがあれば、素直に嬉しい。

 当てはまらない方や、気を悪くされる方もいると思うが、そういう方のコンプレックスに働きかけているつもりは毛頭ない。

 発達障害者も様々ではあるが、一般に純粋なことが多い。そこは、自分は他者として見て、尊敬している。
 自分を含め、弱さを励まし合って一歩でも前進できたらいいと思う。

ダイエットその後のその後・太目が気に入ってたりする

 

 最近 

 

 ブログを書いてない。

 書きたいのだがあまり時間がない。

 一応、健康といえる心体で毎日できることを頑張っている

 睡眠はとれる時にとらなければ、不足して、居眠り運転をまねく。(配送業)

 仕事も家事も、お金を生むために、ハードな日々。

 でも、でも、うつの時の苦しさに比べたら!

 動く体で、精一杯活動する充実感というものだ。

 やる気がある幸せ。

 明日も頑張る。

 

 

 

 

 ダイエットについて

rtaroyma.hatenablog.com

 

 

rtaroyma.hatenablog.com

rtaroyma.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 もともとガリガリの弱い体だったが、最近悩みが解決したせいか、少し体重が増えてきていた。

 

 職場の気の置けないおじさま方たちには、

「いい腕っぷしだねぇ!」

「この会社に入ると、みんな痩せていくんだけどね~、田中さんくらいだね、肉付きよくなったのは~」

「この間の地震、田中さんのせいだべ!」

・・・など言われること、日常茶飯事になってきた。

 まぁ~はっきり言ってくれるね~!言いたいことはわかるけどね。

 

 でも、生涯でほとんど初めて太ったので、自分でも、実はこのくらいの体型がめずらしく、気に入っている。

 筋肉がついたせいか、体がつよくなった気がするし、漫画『めぞん一刻』って知ってますか? ヒロインの響子さんとかも結構いい体してるんですよ。

 響子さんとか、キャッツアイの三姉妹みたいに「やせてはいない体」になって、実はちょうどいいと思ってるんです。

 

 なんで、自分でもわざとおじさまの前でドスドス走ってみたり、おデブギャグを言って見たりして、笑わせたり、喜ばせたりしている。ははは。

 

 「膣締めるだけダイエット」は、あまり意識してやる時間がない・・とは言い訳なのだが、有効だと思ったのは、トイレで大きいほうをする時。姿勢をとって、締めていくと、力まなくても、スムーズに事が済む。これは良いです。

 

 あとは、ひところのストレスでの食べまくりを止め、仕事の繁忙期で走り回っているので、最近はも少しスッキリしたと思う。

 

 これくらいの体型で、これからも元気に行きたい。

 

 

 

 終わりに

 

 あぁ、まだまだ書きたい。

 職場でのこと、料理のこと、趣味のこと、友達関係のこと。。

 でも、時間も時間なので、またいつか。

 

 

 

 

友達とケンカした週末は。。

 

 

 友達とケンカしました。

 これで2回目です。

 私が悪い・・んだと思う。

 反省するところがあるし。。

 でも、そんなに怒るとは思わなくて。

 友達の少なかった私は、こういう人とあまりおつきあいしたことがなく。

 私がデリカシーがなかったのか、その人の地雷を踏んでしまったのか。。

 気をつけなきゃいけない。

 悠長なことを言ってる場合ではないですが、人づきあいの勉強になります。

 でも・・寂しい気持ちです。

 

 謝って、許してもらえたのですが、その後、連絡がなく。

 そりゃあそうか・・

 友達なら、共感するところを、責めちゃった感があったから、プライドが傷ついたんだろうなぁ。

 

 

 あーあ。やっちゃった。。

 頭冷やそう。

 

 

 ということで、今日は、みそぎの家事づくめ。

 仕事が繁忙期なので、休日くらいのんびりしたいところですが。

 早朝から家まわりの掃除、草むしり、むしりきれず、除草剤を買ってきて、じょうろで何度となく散布。

 蚊取り線香をたきながら。

 少しだけ、長男が散布を手伝ってくれました。

 

 もちろん、食事3回手作り料理。

 水回りを掃除して、キッチンまわりもきれいに。

 そうだ、小さい冷凍庫の霜がすごかったんだっけ・・

 霜取り実行中。

 いつも朝早い仕事なので、夕方は昼寝するのですが、はぁ、それどころじゃない。

 きれいにしたばかりの御手洗いに、ずかずかと男子たちが入ってゆく。

 掃除する人1:使う人(汚す人?)3の割合なので、きれいになるのは一瞬のことです。

 

 うつで家事をさぼりがちだったので、やることがいっぱいです。

 エンジンがかかると、過集中になり、腰が痛くなってもやり続けます。

 

 友達とのケンカも、忘れるくらい、頑張りました。

 頑張ったけど、疲れた。。

 家が少しきれいになったら、清々しくて、家事はほんとに、自己満足じゃないとやってられないな、と思いました。

 我が家の男子に、きれい・汚いの判別あまりつきませんし( ̄▽ ̄;)、よっていくら家事をがんばっても、感謝の気持ちなんか期待できたものじゃありません。

 

 あきらめて、母は、適当に家事をして、仕事頑張って、自分の世界を持って楽しみます。

 子供たちは大事なので、自立するまでもう少し、おいしいものを作ったり、話を聞いたり、頑張るつもりですが。。

 

 

 そんなこんなしてるうちに、雨が降ってきました。

 ありゃー、せっかくの除草剤の効果が半減するー!

 はぁ、ついてないね~(*´Д`)

 

 

 

 さて、つらつら書き綴りました。

 疲れはピークですが、ブログに吐き出したかったです、今日は。

 そんな日もあるでしょう。

 また機会がありましたらぜひ!(*^-^*)

 

 

 

 

 

 いつだったかTV『ザワつく金曜日』で「名もなき家事で大変なものトップ10」を発表してました。ご覧になりましたかー?

 

①裏返しの洗濯物を元に戻す。

②脱いだままの靴の片付け。

③トイレットペーパーの補充・交換

④脱いだままの服の片付け

⑤献立を考える

⑥飲み終わったコップの片付け

⑦子供が散らかしたおもちゃの片付け

⑧シャンプーや洗剤などの補充・詰め替え

⑨資源ごみの分別

⑨お風呂や洗面台の排水溝掃除 

 

 ⑧は、我が家では、頼めばやってくれます。こぼしても文句は言いません笑

 

 

 

 

 

私を支えてくれた、ブログ、カメラ

 

 

 『さようなら』

 とは言わないまでも、かなりそれらに対する熱が、始めた当初よりは下がっているように思う。

 

 これも、みんな、ブログやカメラを始めた頃より、今、ずっとずっと、仕事やプライベートが充実しているからだと思う。

 逆を言えば、悩みが深かったから、孤独だったから、苦しかったから、何か気がまぎれることをしようと、ブログを書き、写真を撮った。

 

 熱しやすく、冷めやすい性格ではあるせいか、私はすぐにブログや写真に夢中になった。

 死にたいと思う時間が少し減り、熱中できた。

 

 本当にカメラが好き、という人とは、違ったかもしれないが、一年、二年くらい、花や滝の写真を撮ってみたり、体力がないにしても、頑張って山に登ってみたり、した。

 

 カメラを持つと、今まで興味のなかった被写体が、不思議と輝いて見えたものだ。

 知らない花の名。

 いくつか覚え、心が癒された。

 

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190527180316j:plain

 

 

 

 

 

 

 ブログも、鬱や発達障害の話をメインにいろいろ吐き出した。

 写真を撮るようになってからは、そちらもたくさん掲載させてもらった。

 すると、親切な読者の人が、スターをつけて下さったり、コメントを寄せて下さり、とても励みになった。

 自分としては、アスペルガーの長男の子育てについて、ブログに整理できたことが、一番よかったと思っている。

 

 

 今は、カメラを持って撮りに行くことは、去年あたりに比べてめっきり少なくなった。

 たぶん、もっと遠くに旅行に行くとか、見たことのないものを見に行くとか、そういう機会があったら、その気になるのかもしれない。

 でも、カメラを始めた頃の、高いテンションは今はない。あのテンションだったからこそ、技術がなくても、そこそこ撮れたんだと思う。

 とても、一年目の写真より、同じ被写体で、いいものは撮れない気がする。

 

 さらに、実際は、カメラの機能を使いこなせていないし、お手入れもぞんざいで、カメラを大事にもできていない。はっきり言って、カメラを持つ身としては、失格である。そういう点でも、自己嫌悪というか、カメラを重く感じる。

 

 

 現在の私は、うつもだいぶ良くなり、日常生活から逃げることも、少し減ってきた。

 料理が楽しく感じられる。

 掃除も、手をつけられるようになってきた。

 それまで人まかせだったが、友人に教わって、自分の車のタイヤを替えたり、手入れをするようになってきた。

 仕事も、少しは信頼されるようになったのか、かなりの量を任せられるようになってきた。

 

 今は生活を、きちんとしていきたいと思っている。

 そして、人といい関係を作っていきたい。

 

 

 

 

 人生は、どこでどうなるかわからない。

 与えられたものに挑戦して、少しはましなものに軌道修正していきたい。

 それが自由だと思う。

 

 

 

 

 読んでくださって、ありがとう。

 

 

f:id:rtaroyma:20190527180205j:plain

 

 

 

 

死よりつらいことがあっても

 

 

 物心ついてからというもの、ほんの一昨年まで、死と背中合わせの悩みと生きてきた。

 悩みが、ぼーっとした子供だった私に物心つかせた、と言ってもよい。

 それ以来、毎日心身の不自由と闘いながら生きながらえること、いつかこの悩みを解決させることを目標にして、何とか過ごしてきた。

 一言で「過ごしてきた」とはとても言い難く、解決する糸口も長いこと見つからず、死んでしまった方が楽に違いなかった。

 

 中学、高校の自転車通学では、車を確認せず交差点にいつも飛び出していた。一思いに、誰か私を轢いてくれないかな?生きることに疲れて、ぼんやりそう思っていた。

 

 

 ひとりぼっち。今でもそんな自分を、夢に見て苦しむ。

 

 

 最近は、人とのつながりや温かいやりとりが少なからずできるようになって、幸せを感じる。

 こんな風になれるとは、今でもちょっと信じられない。

 

 幸せは、人それぞれだ。何が一番とは言わないけど、自分にとっては、人と分かち合うことが、一番欲していたことだったように思う。

 まだまだ、社会という土俵に上がれたばかりの、コミュニケーション初心者ではあるが。

 

 

 たとえ死ぬほどのハンデがあったとしても、一生懸命生きることは大事だ。今更ながら思う。

 私は、全うできたには程遠いかもしれないが、子供に恵まれ、子育てを頑張れた。

 みっともなく、恥ずかしい姿であっても、心を殺して頑張った。

 子供は、神様からの贈り物であったと思う。

 

 

 頑張って生きていれば、何かしら良いことがある。

 そこまで、生きられるか、否か。

 

 

 

 

 近年の悲惨な、物騒な事件の数々、心が痛む。

 もう一息かもしれなかったのに、頑張る力や愛が足りなかったのか、生きることをあきらめた人々。。

 

 どれだけこのようなことが繰り返されるのか。

 「ひとりたりとも、見過ごさない」

 「ひとりたりとも、愛さなくて良い命はない」

 

 この社会は生ぬるい。

 もっと、厳しい、暖かい愛と、人を育てるための教育が必要である。

 

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190527180303j:plain

 

 

 

 

 

フルーチェの姉妹品? シャリーチェ知ってますか?

 

 

 ここは山形。とある田舎の激安店に立ち寄った時、ふと見つけました。

 生まれてはじめて「シャリーチェ」なるものを。

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190526170916j:plain

 

 

 しかも、消費期限が来月ということで、一箱、なんと39円だったのです。

 一箱で2人分はありますから、とってもお得です!

 消費期限なんて、凍らせてしまえば、多少オーバーしても大丈夫でしょう(?)

 つい10箱、買ってしまいました。

 

 家に帰り、冷凍庫で凍らせた中身を牛乳と混ぜると、ほどなくシャリシャリのシャーベットが出来上がりました。

 スイカ味がなんとも言えず、美味し~い!!

 ここのところ暑い日が続いたので、子供たちと夢中で、一人一箱食べちゃいました!(大人食い?)

 

 

 しかし、周りの人に聞いてみても、「フルーチェ」は知っていても、これを知っている人はいませんでした。

 

 知っているとか、食べたことがあるとか、近所の店で売ってますよ、なんて情報がありましたら、皆様ぜひ教えて下さい。

 

 

 山形市の、その辺のスーパーでも、常時売ってほしいなぁ~!

 

 「シャリーチェ」 またあの店に買いに行こうかなぁ~笑

 

 

 今年の夏は、一段と暑くなりそうな予感がします。

 どうぞ水分、栄養、睡眠をとって、少しでも元気に、暑さを乗り切りましょうね。

 

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190527180418j:plain


 

 

 

GW、やっぱりよかった!

 

 

 名所めぐりしたわけでもない、海外旅行に行ったわけでもない、なるべく節約しながらの、いつも通りの生活の連休も、残りあと一日となった。

 

 いつも通り、といっても、今年はちょっとわけが違った。

 おかげさまで、鬱の調子もすこぶる軽くなり、家事もはかどり、何年か越しの大掃除をしたり、クローゼットの中を断捨離したりして、とてもスッキリ、すがすがしい気分になれた。

 

 友達と会い、とても楽しい時間を過ごすこともできた。

 

 時間を気にせず、ゆっくりコーヒーを淹れ、おいしく飲むこともできた。

 

 お買い得のショッピングができて、うきうきしたこともあった。

 

 こんなことたちが、とても幸せに感じ、それを感じられる、健康になりつつある自分の体や心に感謝した。

 

 もちろん、子供たちの成長、周囲の協力もそこにあってのことに他ならない。 

 

 今までたくさん、いろんなことがあったが、無駄なことは何一つなく、よかったと思える。つらかったことは、現在の感謝に変わった。だから、たとえ今つらい人も、大丈夫、大丈夫。

 

 人生は、うまくできているものだと思う。

 生きてきて、いろんな人に出会えてよかった。「ありがとう」と言いたい。

 

 

 豊かな人生って何だろうと思う。

 分かち合える人と分かち合い、やさぐれている人には優しさを。

 私が、悲しみに暮れ、いじけている時に、そうしてもらったように。

 

 

 そんな、自分を振り返る、良い時間を、過ごさせてもらった。

 

 

 

 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 

 

 

 

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

 

私の大切な人

 

 北海道から彼が遊びに来てくれました。

 用意したお土産は、山形名物さくらんぼ(今の時期はハウスもの)、半熟卵の燻製「すもっち」、某ケーキ屋さんの絶品「ピスタチオとさくらんぼのケーキ」、仙台名物阿部蒲鉾の「ちーずぼーる」 でした。わかる方には、「あぁ、あれね!」と納得していただけると思います。どれも、自分の大好物ばかりだったりします(笑)

 

 ちょうど一年前のGWにも、会う約束をしていましたが、直前に彼が病気で入院してしまい、叶いませんでした。

 それから、その年の10月にも、約束をして、以下のごとく会えませんでした。

 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 今回も、直前に、彼の乗る飛行機会社が、山形で離陸失敗したり、北海道で震度4の地震があったりで、これは、神様が「会ってはいけない」と言っているのかなと思ったりしましたが・・・なんとか会うことができました。

 

 夕方の到着で、山形空港まで、車で迎えに行きました。

 それから、山寺方面や、天童方面をぶらぶらと寄り道しながら、上山の「食の駅」に行ってみたのですが、残念ながら時間オーバーで閉店しており、そのまま彼の泊まるホテルに送って行きました。

 

 それから、少し部屋で過ごし、彼は優しく私を抱っこしてくれました。

 うれしくもあり、照れくさくもあり、でも夢中でした。

 彼は、思った以上に優しく、とても気を使ってくれる人でした。

 そして、目のとても綺麗な人でした。

 

 次の日は、お昼に飛行機が出発ということで、9時半くらいに迎えに行き、山形市の「野草園」に、時間の許す限り、行ってみました。

 

 今年のこの時期は、ミズバショウカタクリエンレイソウニリンソウなどなど、たくさん咲いていましたが、私はカメラを忘れてしまったので、去年のこの時期の写真を貼っておきます。 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 彼は、ちゃんとカメラを持って来ていて、何枚か撮ってくれ、ブログに載せてくれるということで、とても楽しみです。

 

 あっという間の、2日間でした。

 先ほど、北海道に無事「着いたよー!」と連絡があり、ほっとしました。

 「楽しかったよ」と言ってくれて、とても嬉しかったです。

 

 ずっと、人間関係で苦しんできましたが、私も、最近は、交友関係が少し広がり、大好きな人が何人かできて、人生が楽しく、生きていて良かったな、と思います。

 

 彼は、親友でもあり、大好きな人でもあり、尊敬する人でもあり、面白い人でもあり、心の綺麗な、一生懸命な、大事な人です。

 信頼できる人がいて、幸せです。

 大切に思っていきたいと思っています。

 これからも、ずっとずっとよろしくね。