雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

福島・吾妻小富士 (二男撮影)

 

 二男(中3)に、カメラを預けてみた。

 3連休の中日。

 受験生の気晴らしに?と、近場の観光地を訪れ、最初、私が前に使っていたSONYの50倍ズームのカメラを渡したら、楽しそうに撮り始め、しかしすぐバッテリー切れになってしまった。

 それで、私が使っているNikon D5300を貸すことにして、私はスマホで自撮りなどしてのんびり過ごした。

 

 

 以下、二男撮影。

 

f:id:rtaroyma:20190915230754j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190915225342j:plain

 

f:id:rtaroyma:20190915230008j:plain

 

f:id:rtaroyma:20190915230119j:plain

 ここまではSONYで撮ってました。ここで、電池切れでカメラ交代。

 

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190915225817j:plain

 噴火口ですね。

 男子たちは、噴火口の周りを一周しました。(私は待機💦)

 

 

f:id:rtaroyma:20190915230946j:plain

 

f:id:rtaroyma:20190915231110j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190915231717j:plain


 

f:id:rtaroyma:20190915231854j:plain


 

f:id:rtaroyma:20190915232052j:plain


 

f:id:rtaroyma:20190915232224j:plain

 

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190915232404j:plain

 二男くん。

 お受験ガンバレ。 

 

 

 

 一昨年、紅葉の時期にも、この地を訪れています。

 吾妻小富士の噴火口一周コースだけでなく、「一切経山コース」は、美しい五色沼があって圧巻だったのですが、今回は火山ガスの状況により、残念ながら閉鎖となっていました。

 またの機会に行ってみたいと思います。

 

rtaroyma.hatenablog.com

rtaroyma.hatenablog.com

 

 

 

 先週は、いろいろなことがあって、心身ともに疲れ切った一週間でした。

 休んでもいたかったのですが、これまたいろいろあって、私も外出。

 

 

 被災地の方々の生活も気になります。

 動向から目が離せません。

 なんとか、明日を生き延びましょう。

 
 

 

 

  

虐待はすぐそばにあった 

 

  金曜日の午後、一週間の仕事を終え、とある大型激安店に飲み物をまとめ買いに立ち寄った。この週末は、真夏並みの暑さがぶり返し、もうしばらくジュースやアイスコーヒーにお世話になりそう・・

 麦茶だけというわけにもいかず、重たい飲料品をうんこらしょと買い込む。車に荷物を積んで、カートを店内に戻そうと歩きだしたところ、赤ちゃんを抱っこした若い女性が、やはりカートを戻そうとしている。段差のあるところを、重そうに空のカートを動かそうとしていた。

 「一緒に片づけますよ」

 女性に声をかけたところ、「いいんですか?!」と笑顔に。少し泣きそうな笑顔にも見えた。

 こちらは、子供も大きくなり、身軽な体だ。お安い御用。

 そんなことで感謝されては、恥ずかしくなってしまう。

 赤ちゃんをちらとのぞくと、髪の毛が、この暑さで汗ばんでいるのが見えた。 

 子育ては大変だ。

 少しでも周りからの援助を受け、負担が少なくなることを願う。

 

 

 このブログでも、子育てのことについて色々書かせてもらっているが、特に、長男(高2)の子育ては、本人がアスペルガー障害だったこともあり、困難であった。

 敏感で、自分の寝返りで目を覚まし、かんしゃくを起こして泣き続ける。外で遊んでいる以外は不安なのか機嫌が悪く、ほとんどの時間をなだめて、あやしてすごした。

 人に預けたり、頼ろうとしても、ストレスで二次障害を起こす。

 それをなんとなくわかっているから、頼ろうともあまり思わなかった。

 過労でバセドウ病にかかり、ガリガリに痩せた。

 肺炎で入院した時以外に、休みは全くなかった。

 

 少し大きくなってくると、幼稚園や学校にいやでも行かせなければならない。言葉の遅れ、コミュニケーション、友達関係、すべて心配だった。

 3歳のときに受け始めた、療育でいつかよくなると、信じるしかなかった。

 いつのまにか、家は、同級生や近所の子供たちの遊び場になって、私も大勢を遊びに連れて行ったり、お腹が空いているとなると、ちょっとしたものを食べさせたり、長男が少しでも人慣れするように、楽しいと思えるように動いた。

 長男のために始めたことだが、いつか、子供たちみんながかわいいと思えるようになっていた。それぞれのお母さんたちからは、感謝された。家庭環境においても、性格的にも、いろんな子がいたが、今でも「あの子元気にしてるかな」と気になることがある。手のかかった子はなおさらである。

 

 

 長男は小学4年生くらいで、だんだん落ち着いて人の話が聞けるようになってきた。

 私も、話すことが通じるようになってきたので、悪いことはよく言って聞かせるようになった。

 

 長男が5年生でスポ少野球に挑戦した時、心労でうつになり、しばらくダウンした。

 野球はチームワークだ。難しいスポーツである。迷惑をかけないか、とても心配だった。

 この時は、試合を応援にも行けず、周りの人にお願いするしかなかった。

 幸い、長男は人に恵まれ、能力をのばしてもらい、ファーストやピッチャーをさせてもらうまでになった。

 

 私の体調の良かったある日、家族で大きな公園に出かけた。

 私はぼーっと、男子たちの、キャッチボールする様子を見ていた。 

 長男の、思いもよらなかった美しいフォーム。手の返し。

 ボールは、大きな弧を描き、スピードに乗って、相手の構えたグローブに収まった。

 そして笑顔。

 

 あのときの、静かな感動を忘れない。

 

 それから私は、無理をして授業参観や、部活に顔を出すことはなくなった。

 少しこれからは、周りにお任せし、見守っていていいのかもしれないと感じたのである。

 中学の壁を越え、高校受験を越え、今に至るが、まだ振り返るには早いかもしれない。

 

 

 でも、考えるに、普通の子育てでは、家は、だめだったかもしれないと思う。

 目から鱗の療育方法、子供への接し方、専門家の指導がなければ、ここまで親子共々、成長できただろうか、と思うのである。

 どんなに普通の正義を訴えても、それが届かない、場合もあると思う。

 とりこぼされる人々に専門家の指導を、と思う。

 痛ましいニュースが流れるにつけ、ますます難しくなる時代に、専門家の重要性をもっと意識しなければならないと感じる。

 

  

 

 

 

 

 補足・・長男が療育を受けた先生は、体調を崩され、長男が小6の時に廃業されてしまいました。

 最後まで、先生は、ご自分の指導方法を文章化・マニュアル化しようと努力されていましたが、うまくいかなかったようです。

 残念ですが、長男がベストな年齢で療育を受けられたことを非常に幸運に思います。

 先生のご指導と励ましがなければ、私は長男を理解できずに挫けて、いつか虐待していたかもしれません。

 そういった専門機関があり、仲間と出会い、励まし合ってこれたのも、大きいと思います。

 

 

 専門家の指導と、世間の人々の優しさをもっと社会に、と願っています。

 

 

 

 

 

山形県村山市 東沢バラ公園2 おまけ薔薇と「ムララちゃん」

 

 私は、村山市の回し者ではありませんが、こちらのご当地キャラ「ムララちゃん」はかなりカワイイ!と思っております。

 この日は、公園入口の売店前でお出迎え。

 

f:id:rtaroyma:20190907145056j:plain

 

 「ムラムラちゃん」ではありませんよ!

   実物?は、去年の雛祭りのイベントでお会いしたことがあるので、貼っておきます。

 

 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 

 そして、売店には、たくさんのバラに関するお土産が。

 

f:id:rtaroyma:20190907145219j:plain

 

f:id:rtaroyma:20190907145636j:plain
f:id:rtaroyma:20190907145503j:plain
f:id:rtaroyma:20190907145310j:plain

 

 バラのパスタや、ふりかけ、バラチップスなど、料理に使って写真に撮ったら、さぞ映えるだろうなぁ~

 でも、家は息子2人で、「質より量!」なんだよなぁ~

 

 もったいないから、見るだけにしよ~( ̄▽ ̄;)

 

 

f:id:rtaroyma:20190907145556j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905204326j:plain

 

 とりあえず、お手軽なキャンディーと、コーヒーをお土産に購入してみました。

 

 他にも、バラの苗や、バラのソフトクリームなどなど、祭り開催中にはさらにたくさんの品揃えとなるそうですので、好きな方はお楽しみに・・!

 

 

f:id:rtaroyma:20190905204422j:plain

じゃーね、また~

暑さにご留意され、よい週末を👋

(お久しぶりの不審者!)

 

f:id:rtaroyma:20190905221647j:plain
f:id:rtaroyma:20190905221248j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905221042j:plain
f:id:rtaroyma:20190905221206j:plain

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190905222116j:plain
f:id:rtaroyma:20190905220812j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905221123j:plain
f:id:rtaroyma:20190905220940j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190902182759j:plain
f:id:rtaroyma:20190905221553j:plain

 

 

 

 

山形県村山市 東沢バラ公園1

f:id:rtaroyma:20190901204519j:plain

 

 東沢バラ公園では、初夏のバラ祭りに続いて、9月14日~30日にも、「秋のバラ祭り」が開催されます。

 こちらの秋バラは、小ぶりで、色鮮やかなものが多いそうです。

 入場料は大人600円、小中学生300円ですが、開花状況によって変動します。

 

 また、期間以外でも、入場料なしで自由に園内を見ることができますので、ふらと立ち寄って、散策してみるのも良いかもしれません。

 私が行ってきた9月1日も、かわいいバラが結構見られました。

 機会があればぜひ足をお運びください(*´▽`*)

 

 

f:id:rtaroyma:20190901204430j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905220224j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905212321j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905212835j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905213017j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905213129j:plain

 

 

 

f:id:rtaroyma:20190905212702j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905213247j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905215807j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905213424j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905213735j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905214624j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905222008j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905222205j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905214529j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905214817j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905215023j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905215159j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905215321j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905220513j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905215624j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190905215457j:plain

 

 

f:id:rtaroyma:20190902184550j:plain

 

 

 

 

 

ご回復を祈って

 

 

f:id:rtaroyma:20190902184259j:plain

 

 

 

 その人は、失礼を承知でいうならば、頭がよく、優しく、気取らず、人に慕われ、発達障害グレーゾーンの私が持っていないものを持っていて、軽く嫉妬するくらいの素敵な善い方である。

 

 私の下手な写真を見ては、

 「見ていると自分も旅している気分になれる、ありがとう」

 と、過去何度もコメントを下さり、

 

 少々下品な記事を書いても、変わらず読んで下さったりと、器の大きな方なのである。

 

 必ず元気になられますように。

 

 

真夜中の天然親子

 

 昨日は金曜日。

 一週間の仕事が終わり、買い物を終え、夕方倒れ込むようにベッドでちょい寝したはずだった。

 気が付くと、目の前に二男(中3)の顔が。

 「ん~どうした~、寝るのか~?ゆっくり休んでね~」

 日中、体育祭だった二男をねぎらい、また寝ようとしたところ、

 「お母さん、ちょっと、俺心配なことがあるんだけどー!」

 と、慌てたように言う。

 「え~!なになに~?何かあったの~!?」

 「あのさ、言いにくいんだけど、今日の夕飯は?!」

 「はぁ~?」

 「今、夜の11時半なんだけど・・・」

 「11時半。。。」

 「そう」

 「え、君夕飯食べてないの・・?」

 「お母さん、夕飯作った覚えある?」

 「はぁ・・」

 

 状況がわかってきたと同時に、「このまま一食くらい勘弁して、眠ってくれないかな~」という思いもちらつく。

 しかし、せっかくご飯を食べたくて起こしたのなら、何か簡単なものでも出さないとな~、何か冷凍庫にでもあったかな?とむっくり起きながら考える。

 「ありゃー、じゃぁ、お腹空いたよね」

 あいにく、カップラーメンも、適当な冷凍食品もない。

 冷凍しておいたシチューがあったけど、この前食べたばかりだし、バナナとパンは、夕方おやつに食べたはずだ。

 アイスでも食べて寝ろ~、という雰囲気でもない。

 

 あ、そういえば!

 今日、買い物で、新物の生さんまを買ってきたんだったー!

 あれをさばかないと、悪くなっちゃう!

 ちょっと高かったけど、大根おろしをたっぷりのせて、楽しもうと思ってたやつ~!!

 二男に大根おろしを手伝ってもらい、さといもの味噌汁と、茶わん蒸しを並行して作る。(やっと、夕飯の献立を思い出した汗)

 

 12時を過ぎて、やっと夕飯ができ、二男に差し出す。

 「いや~、お待たせ。こんな夜中になっちゃったけど、お詫びに秋の味覚を堪能してくれ~。」

 

 二男はあまり魚は好きではないし、大根おろしもつけないけど、ここは子供あつかいせず、さんまやさといもを勧める。

 私も、せっかくなので、お味噌汁をいただく。

 さといもなんて、煮えるのに時間のかかるものを使うことなかったのだが、粒の小さい「まごいも」なので、なんとか柔らかくなっていた。

  二男も、自分一人のために作ってもらったという自覚があるのか、よほどお腹が空いたのか、パクパク食べていた。

 

 気が付くと、長男の姿が見えない。長男は、私が起きてこないことにさっさと見切りをつけたのか、先に寝ていたらしかった。起こさないように気を使ってもくれたのだろう。

 

 

f:id:rtaroyma:20190831014723j:plain
f:id:rtaroyma:20190831014740j:plain

 

 

 右は、体育祭のためのお弁当。あり合わせで逃げました(笑)

 運動会といえば、今までは、赤組になると、トマトや、ケチャップ、紅じゃけなどの食材で、真っ赤なおべんとう、白組になると、しゅうまいやしらすご飯、牛乳プリンなど真っ白べんとうを持たせて、困らせて笑いをとっていたものです。

 しかし、今年はなんと青組。

 ブルーハワイかラムネでゼリーをタッパーいっぱいに作ってやろうかと思いましたが、夏も終わりのせいか、材料が売ってなくて、残念ながら作れませんでした。

 

 こんなおふざけができるのも、子供が男の子だったからかもしれません。

 もし女の子だったら、ズボラな私も、もう少し気を使っていたかも。

 

 

 話を聞くと、今年は青組が優勝したということで、二男は大変喜んでいました。

 かわいいものです。

 もう中3ということで、あぁ、中学も体育祭も最後なんだな、と思いました。

 

 

 体育祭では、同じクラスの友達が応援団長をしていたそうで、結構、好きな友達らしい。いつもつるんでいる友達とはまた違った、「あぁいうふうに自分もなりたいな」と思うような。あこがれの友達なんだそうだ。

 リョウガ君という名前らしい。

 「リョウガ君のライン、知ってるんだよね~」

 と、うれしそうに言う。

 「で、体育祭が終わった後、『お疲れさま!』とラインしたんだよね~」

 どんな返事が来たのかはわからなかったが、そりゃよかったね~、きっと喜んだよ、と一緒に喜んだ。

 そうやって、自分で豊かな人脈を作っていることを、うれしく思った。

 世の中いろんなことがあるが、素敵なもの、面白いものをたくさん拾って生きて行ってほしい。

 

 

 「あ~、そういえば、お母さんが夕飯時に起きてこない時は、もっと早く起こしていいからね~!」

 「えーっ、何時くらい?」

 「ん~、ま~、何時でもいいけどね」

 

 

 そうこうしているうちに、時間も経ち、再び眠りについた。

 

 そして今日も、朝から掃除しては眠り、昼食を作っては眠り、なぜこんなに眠いのかと思うくらい寝た。

 メールの返信も、手紙も書かなきゃいけないのに・・後回し・・

 待ってる方ゴメンナサイ・・

 今日はまた、久しぶりに天気も良く、秋の気配に、ちょっと出かけたくなったハズなのだが・・眠りには勝てず。。

 

 明日は、少しは充実した休日にしたいな~。

 好きなだけ眠れるというのも、贅沢なのかもしれませんが・・!

 

 

f:id:rtaroyma:20190831142733j:plain
f:id:rtaroyma:20190831014707j:plain
f:id:rtaroyma:20190831171443j:plain

 

 

 今日の昼食と、この夏はまったヨーグルト。飲み物を糖分オフにして、これをときどき食べるのが楽しみでした。

 水分ばかり摂って食欲がなく、いくぶん痩せた気がしますが、最近またお腹が空くようになりました。少し我慢して現状維持しないとね!

 

 

 

夏の終わりに

 

 夜はだいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきたが、日中はまだ30℃くらいの日々が続く。

 パートの仕事を終え、車で帰路に着く。窓を開けて、夏の終わりの風を感じる。周りにも、対向車線にも、窓を開けて走る車は滅多にいない。まだエアコンをかけているのだろうな。

 仕事後の心地よさと、仲間との楽しいやりとりと、少なからずかいた汗に当たる気持ちよい風と、まだ家事をする余力が残っていること等々、バランスのよい一日の終盤に感謝しながら、幸せだなぁと思う。

 こんな日ばかりではない。いろいろなことがあり、うんざりすることもあるが、尊敬する人、気持ちのいい友達が救ってくれる。また自分の努力で結構環境は良くなるものだ。

 どうしようもない時は、眠って、体だけでも、少しだけでも元気にする。

 体が、元気になれば、なんとかなる。

 明日も、いい日になるように。

 

 

 今年の夏も、我が家では、お客様が見えた時しか、エアコンをつけなかった。

 お年寄りや小さいお子さん、体の弱い方のいるご家庭にはお勧めできないけれど。

 そのかわり、家は、扇風機はたくさんある。

 飲み物を大きなポットに作って、いつでも飲めるようテーブルに置いたり、ペットボトルに入れて冷凍しておいたり、そんな小細工をたくさん朝のうちにしておく。

 毎日、飲み物と氷を作るために早起きしてるようなものだなぁと思うくらいだった。

 飲んで汗をかき、扇風機の風で涼む。

 エアコンをつけるということは、家なり車なりの内部の熱い空気を、屋外に放出するということである。

 地球が暑がるだろうなぁ。と思うと、そうそう気軽にスイッチを入れることができない。

 冷房がきつすぎて、「夏の冷え性」なんて現象も世の中では起こっている。

 クレイジーだよな。。

 

 

 近年の、特に西日本の水の被害は、温暖化が大いに影響していると思う。

 そのうち、住むのが困難になるほど、災害が日常化するだろう。

 私が子供の頃は、夏は暑くてもせいぜい28℃くらいのものだった。

 ほんの、何十年か前の話だ。

 

 

 発達障害グレーゾーンのせいもあってか、どうも気が弱いように思う。

 定型の人たちの、たくましさ、思いの強さ、に時々感心し、時々閉口し、そこから起こる人間関係のこじれに巻き込まれないよう、予防線を張る。

 やっかいなものには、平常心で、かつ表面上円滑につきあう。

 あとは、大事な人に思いを馳せよう。

 

 気が弱いながらも、がんばって生きていると、何年も経って、人との関係が良くなることもある。

 まれに、人は変わることがある。

 自分が人の影響を受け、変わることがあるように。

 

 

 

 物事はどうあがいても、変えられないかもしれないし、努力次第かもしれない、というせめぎ合い。

 もう少し生きる時間が残されているなら、できるだけのことをしていこうと思う。

 うまく言えないけれど。 

 

 

 

9日間、終わりよければすべてよし!

 今日2記事目です。

 

 このお盆休み、休日出勤や、早朝の新聞チラシ入れのバイトで、完全連休ではなかったものの、とりあえずメインの昼のお弁当・給食配達のお仕事がほぼ9連休!となってしまった。

 パートなので、1カ月の約3分の1休みなんて、お給料が減る~!

 9日間も家族の世話~、3度の飯~、どうすればいいの~。

 「海外旅行に行けるね」なんて冗談で言われたけど、そんな優雅にしてられないでしょ~。

 

 

 ずっと薬を飲んでいないせいか、この生活リズムの変化を前にして、私の精神は少~し不安定になった。

 あ~、ずっと家で家事、気が滅入らないかな~、大丈夫かな~。

 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 ・・・と思いつつ、連休前日は、いつもの倍仕事があり、トータル12時間働いた。急いでも急いでも終わらない。運転していて、頭が少しぼーっとした。

 やっと終わって、会社に戻ってみると、仲良しの仲間がいて、少し談笑したり冷たいものを一緒に飲んだりして、元気をもらった。

 

 さあて、明日から仲間とも会えずどうしよう、と思ったのだが、連休初日、日頃の疲れがたまっていたのか、眠れる、眠れる、ひとつ家事をすると眠くなって、冷たい板の間に何時間も。寝ては起き、家事をしては眠る。夏には強く、疲れているので、冷房なんかなくても、扇風機でぐっすりである。

 眠ると気持ちいい。なんだ、自分寝不足だったのか。

 眠る毎に、元気が出てきた。

 時間を気にせず、ゆっくりご飯を食べる。美味しい。

 暑さの中に、風を感じる。

 

 休み、いいかも。。

 元気になってくると、いろいろ頭に浮かぶものだ。

 そうだ、大掃除をしよう! 

 この家に引っ越してきて、もうすぐ5年。あっという間で、以来、忙しかったり、鬱だったりして、ろくに掃除もしていないところがある。(一番は私の部屋、どうしても後回しになってしまう)

 物も増えたり、要らないものはそのままだったりしているので、この休みにキレイさっぱりして心機一転しよう!

 思えば、家の散らかりや汚れが、私の心に重く引っかかっていた節もあるし。

 

 ・・・ということで、頼りにならない男子たちを尻目に、いそいそと、墓参りなどの用足しや、毎日の家事の合間に、息子たちに占領されたリビングから始まり、庭の草取り、物置き、布団の整理、最終的には自分の部屋をすっきりさせるのを目標に、とにかくやりました。

 やり始めると、「休み中に終わるんだろうか?」と思うほど、5年間分の掃除はやりがいがありました。

 そして、今日、休みの最終日の朝までかかり、自分の部屋が片付き、一応、終了しましたー!!

 

f:id:rtaroyma:20190818162426j:plain

 

 貼るほどの写真じゃないですが、beforeは床が見えないほど物があって、お掃除しにくくて、大変だったんですよ~。工夫したり、物を捨てたりで、何とかクローゼットに入りました。

 子育てに使った物とか、当時を思い出しながら、捨てました。思い出がいっぱいの、楽しい作業でした。これも長期休暇でゆっくり作業できたおかげです。

 これで、今後ものを増やさないことを肝に銘じて。。

 

 このスッキリした部屋で、午後は、最後の休みの数時間を満喫しました。

 久しぶりにPCの前に座り、カメラの状態を確認したり、、、自分の時間があるっていいな、と思いました。

 これからは、少しずつ、まめにお掃除していこうと思っています。

 

 

f:id:rtaroyma:20190818162442j:plain
f:id:rtaroyma:20190818162456j:plain

 

 玄関も靴箱もそんなに広くないからなのですが、靴も確かに多いのですよね。。(^_^;)

 家の男子は、傘の巻きも汚いな~(苦笑)

 庭の物干しは、南側という固定願念を捨てて、玄関のすぐ近くに移動しました。すぐ干せるのがいいです。なんでもっと早く気づかなかったのかな?

 

 

 

 そういえば、少し前に、北海道の大事な人から、サプライズで、こんなものをいただきました!

 

f:id:rtaroyma:20190818142954j:plain

 

 「花咲ガニ」だそうです!

 冷蔵庫がいっぱいだったので、すぐさま足をもぎ、みんなでいただきました!

 ゆで汁?まで美味しい、すごいうまみが凝縮した美味しさでした!

 ありがとう!

 また、北海道の美味しさを味わわせていただきました(*´▽`*)

 

 

 

 明日から、また、忙しい毎日が始まります。

 こんなに休み中、睡眠を取って、また睡眠不足で居眠り運転にならないかな・・と少々心配ですが、これから、家事の簡略化や時間の上手な使い方を工夫して、睡眠確保したいものです。

 

 スッキリしたベッドに横になれるのもうれしい!(冬布団足元に置いたまま寝てた汗)

 夜寝るの楽しみだなぁ~笑

 

 その前に、夏休み最後の晩御飯、親子丼と小松菜のお味噌汁作ります!

 お昼は、キーマカレーモッツァレラチーズのドリアでした。

 

 明日から、また頑張るぞ~。