雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

二重まぶたコンプレックス

人と話をしていて、なぜか眼科の話になった。

するとなぜか、心の奥底にしまっていた思い出がよみがえった。

小2の夏休みのこと。

田舎から転校してきたばかりの私は、新しい学校になじめず、一学期中、毎日泣いてばかりいた。

父が極度の近眼で、その遺伝子を受け継いだ私は、ことあるごとに眼科に通っていた記憶がある。

その眼科医の先生に、ある日言われたのだ。

「この子は逆さまつげで、視野が暗いから、どんどん近視が進むでしょう。そうならないために、二重瞼にする手術をしませんか」

私は手術が怖かったので、いやで仕方なかったが、親は手術を承諾したらしく、決まったことには逆らえなかった。

今思えば、ビューラーを使ってまつげをカールさせることもできるのだから、無理に手術しなくてもよかったのに・・

しかし、私の親は、ビューラーなど、お洒落につながるようなものは、絶対反対な人間だったので、どう説得しても無駄だったろう。

 

そして、右目から、手術は行われた。

まず、まぶたにする局部麻酔が半端なく痛い!

しかも、不幸なことに麻酔は充分に効かなかった。

まぶたの3か所を縫うのに、いちいち激痛が走った。声も出ないほどだった。半分意識を失う。

長い長い闘いの末、右目の手術が終わった。歩く時ふらつくほど痛かった。

さらに、悪いことに、すぐにガーゼを外さなければいかないのを、次の2週間後の左目の手術の時までわからずに外さなかったためか、右目の二重は大きく腫れてしまった。

乙女心にショックだったのを憶えている。

左目の手術の時のことは、よく覚えていない。現実と向き合うのがいやだったのかもしれない。たださずがの親も、手術前に先生に、

「先生、もう少し痛みのないようにしてやってください」と頼んでいたように思う。

左目は術後、すぐガーゼを外したためか腫れず、いくぶんましな仕上がりになった。

それでも、もともと目が大きかったので、不自然な二重まぶたが目立ち、本当に人前に出たくないと思うほど、絶望した。

 

小1まで、田舎でのほほんと育った無邪気な自分は、その時、半分死んでしまった。

新学期、案の定、いろんな友達からじろじろ見られたりして、本当にいやだった。

その後も、節目節目で、自分がころされるような出来事に遭遇し、私の子供時代は辛いものがあった。

しかし、遅かれ早かれ、みんなそうやって大人になり、そして死んでいくのだろう。

そのときどきで、運命を変える力は自分にはなかったけれど、そのかわり、こうして何かをとりかえすかのように、しぶとく生きていることが、私に唯一できることだった。

だからといって、子供時代の悩みはたとえようもなく、楽しそうな周囲の友達を感じては、狭い世界観の中で、「死」を選ぼうとすることもあった。

 

・・重くなってしまいましたね。

自分の子供には、なるべく、くだらないことで苦しまず、楽しい子供時代を過ごしてほしい。

苦しんでプラスになるとこと、そうでないことがあるから。

よかったことと言えば、そういう考えに至ったことである。

 

長男は、私の手術前の目にそっくりに生まれた。手前みそだが、かわいいと思う。

もちろん二重の手術などしない。

先日、用事があって、中学校の近くを通ったら、長男(アスペルガー)が友達と談笑しながら下校してきた。

ただ、それだけのことなのに、幸せで胸がいっぱいになった。

子供(少年)時代には、やるべきことがいっぱいあるのだ。

友といろんなことを分かち合うこと、生活を頑張ること・・

それに打ち込めるような、環境を作ってやりたいと思うし、そうやってこれただろうか?と自問自答している。


そう思ううちに、自分のことはいつしか、どうでもよくなっていた。


 

ブログ本をいただきました

 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 はてなブログで知り合った、北海道の彼から、ブログ本をいただいた。

 先月の、私の誕生日に、ほしいとお願いし、製本していただいたものである。

 いわゆる裏ブログで、ダークサイドな心の内や本音、表のブログに載せなかった記事が書かれている。そして写真も。

 ずっとそれを読ませてもらってきたけれど、感動することしきりだったので、その記事たちが本になって、私の手元にきてくれて、本当に嬉しかった。

 

f:id:rtaroyma:20180117202857j:plain

f:id:rtaroyma:20180117202957j:plain

f:id:rtaroyma:20180117202935j:plain

f:id:rtaroyma:20180117202918j:plain

 

 続きは、来年の誕生日に送ってくれると言ってくれて、幸せな気持ちで、本当に楽しみ。。

 ・・ほかに、北海道のお菓子や、お守り、手紙がそえられていて、うれしく、あたたかい気持ちになった。

 鳩の刺繍のお守りは、「伝書鳩」にかけて、出先から、必ず帰って来る、という意味のお守りなのだそうだ。方向音痴の私に、うってつけのお守りだと思った(*´ω`*)

 

f:id:rtaroyma:20180117232542j:plain

 

scrap.hatenadiary.com

 

 彼には、日常の鬱的な、不安な気持ちを和らげてもらったり、優しいねぎらいの言葉をたくさんたくさんかけてもらったり、感謝の気持ちでいっぱいである。

 これからも、励まし合い、良い関係でいたいと願っている。

 

 

楽しい新聞配達2

 


 気温ー8℃。

 午前3時。

 今年一番の冷え込みの山形市は、静かで風一つなかった。

 ただバイクの音と、風を切る音とが耳に響き、走っていると、たちまち指の感覚が「冷たい」から「痛い」に変わった。 

 

 f:id:rtaroyma:20180113192718j:plain

「おはようございます」

 先に新聞店に来ていた人にあいさつすると、

「今日も道が悪いから気をつけてね。今年はけっこうきびしい天候がつづくよ」 

と、声をかけていただいた。

 配達を始めて、初めての冬。それがきびしいものならば、来冬は、少し楽に感じるのだろうか?

 それなら、その方がいい。

 

f:id:rtaroyma:20180113192830j:plain

 憶することなく・・いや、本当はこわごわ走っている。

 

 

f:id:rtaroyma:20180113192845j:plain

 雪道があまり怖くなくなったとはいえ、毎日状態は違う。

 意外につるつるな道はそんなに大変ではない。

 つるつるでも、ぐじゃぐじゃでも、とにかく、ぼこぼこ道が大変である。

 低速にしてスピードを落とすが、それでも暴れ馬に乗っているかのような感覚。一瞬のスキが、転倒につながる。そんな時は、両足を落としてゆっくり進む。

 

f:id:rtaroyma:20180113192044j:plain

 配達区域に着いて、何件か回っているうちに、だんだんその日の道路状況にも慣れてくる。

 スピードも少しずつ出せるようになる。

 言葉では言えないが、それがすごく楽しいと体で感じる。

 

 昨日は月も綺麗だった。

 

f:id:rtaroyma:20180113192625j:plain

  配達が終わり、帰路につくころ、

「お疲れ様、今日も頑張ってくれたね?」

と、バイクをねぎらう。

 配達で、意外に温まった体を、今度は冷めないうちに家に帰る。

 

 自然と対峙することと、バイクに乗るということが、自分にとってとても楽しいことであり、新聞配達、やってみてよかった、と思える今日この頃であった。

 

 

f:id:rtaroyma:20180113192221j:plain

 ずっと、自分に合う仕事、を捜していた。

 けっこうな悩みと苦しみの中、いろんな仕事をやってみたけど、

 配達と言う静かなこの仕事がすきだ。

 

 

f:id:rtaroyma:20180114065510j:plain

 

変哲のない、今年いちばんの写真とともに

 

 

初めての愛みたいに

 

 人生は見えない嵐の中だった。

 必死で足をふんばり、皆と同じように笑おうとする。

 はい上がっても、はい上がっても、奈落の底に突き落とされる。

 だけど何も、感じないようにしてきた。

 背負ってるものを聞かれた時、初めて、自分の気持ちに気づいたんだ。

 こんなにも、泣くなんて、寂しがるなんて、他人事のよう。

 優しさに溺れそう。慣れていないから。

 強風に耐え忍んでも、自分の足につまづいてこけることもある。 

 あたたかい陽だまりの中、溶けてしまいそうになる。

 それでもあなたは言うんだろう。

 「君はそれでいいんだよ」と。

 そして

 「人生を終わらせられそうになったら、僕のところにおいで」

 と静かに笑うんだろう。

 

 

 

 

youtu.be

 

2018年の抱負

 

 2017年は、ずばり「転職」の年であった。配送業に就き、幸いなことに少しは「向いている」と思える。仕事に慣れるまで、かなりの努力は要ったものの、就職してからというもの、ずっと悩んで来たことから、解放された年だった。

 2018年も、そういうわけで、今就いている仕事に全うできるよう、継続していきたいと思う。それには、地道な努力や忍耐が必要である。慣れにおごらず、気を引き締めて真面目にやっていきたい。

 プライベートでは、ママ友とのランチ会など、去年あまりできなかったことも、自分から誘っていきたい。それから、去年始めた写真も、今年も楽しんでできたらいいなと思う。写真といえば、山登りや旅行なども、今年もできるように、健康に気をつけて、がんばっていきたいと思う。

 それから・・かねてからお世話になっている人にも、お礼がてら会いにいけたらいいなと思う。

 なんにせよ、すてきな一年になるように、頑張りたいと思う。 

 

 

 

今週のお題「2018年の抱負」

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ

 

 年末のこと。

 彼と映画を観た。

 とはいっても、彼は北海道、私は山形に住んでいる。

 同じDVDを借りて、同時刻に再生させて、一緒に観ている気持ちになるのである。

 途中、メールで感想をいいあったりしながら。。

 その日、たまたま私は、半額セールで5つほど、映画を借りていた。

 そのことを彼に話したら、同じDVDを捜して、借りてくれて、その中から選んで一緒に観ようと言ってくれた。

 ちなみに、私が借りてきた映画は

 

 「おと・な・り」

 「イニシエーション・ラブ

 「百瀬、こっちを向いて」

 「西の魔女が死んだ

・・もう一つ、タイトルは忘れたが、佐藤健出演のものだったと思う。

 

 「おと・な・り」は彼が借りられなかったと言ったため、一人で観たけど、岡田准一麻生久美子主演で、少し中だるみはあったが、なかなか素敵なラブストーリーだった。

 そして、彼が最終的に選んだのは、「西の魔女が死んだ」。

 私が「あとで一人で観ようかな?」と思っていた作品だった。

 彼はこういうファンタジックな作品も好きだと言って、それで一緒に観ることになった。

 冒頭から、風景や家屋の美しさに心を奪われて、メールで

「すてきだね」と言い合った。

 ストーリーは不登校になった女子中学生が、おばあさんの家で過ごす日々を描いたものだったけれど、その生活のひとつひとつが素敵で、私は癒された。

 おばあさんのゆったりとした、静かな会話も、話す中身も素敵なものだった。

 ラストがどうなるのかは割愛するけれど、彼も私も、感動して、お互いあったかい気持ちになっていた。

 涙もろいという彼も、少しうるうる・プルプルしていたようだ。(*´ω`*)

 

 この作品を選んでくれた彼に感謝して、一緒に観れて良かったな、と嬉しい気持ちになった。

 

 彼とはそのあと、電話かメールを使って、やさしい気持ちで抱き合った・・と思う。

 電話越しのキス。

 メールでのセックス。

 想像つかないかもしれないけど、確かに彼の存在を愛おしく、思っている。

 話すたびに、接するたびに、好きになっていく。

 また、彼の感受性や、優しさにふれて、好きになっていくと思う。

 そう感じた、冬の、あたたかい一日だった。

 

楽しい新聞配達

 

 昼間やっている配送の仕事が、この年末年始、7連休となった。

 うれしいのだが、時間給パートのため、長い休みを手放しで喜ぶばかりにもいかない。

 しかし、1カ月ほど前から、早朝新聞配達を始めたので、(休みは月に一度の休刊日)結局1月2日だけが、完全オフとなった。

 

 今日は1年で一番大変な、元旦の配達であった。

 所は山形市、豪雪地帯ではないにせよ、そこそこ雪は降る。配達の研修が終わった直後に初めて雪が降った時は、バイクはスパイクタイヤだったものの、配達場所は遠いわ、新雪で進まないわ、転びそうになるわで、すぐにでもやめようかとも思った。

 昼間の配達の同僚からは、

「バイクなんて、危険だよ!男の子2人残して、転んで轢かれて死んだらどうするの」

「いつ寝るの?体壊すよ?」

「もっといい仕事あるでしょ、レジやりなよ、レジ・・」

などと心配してもらった。

 しかし、他の仕事ができるほど私は器用ではない。バイクも新しいものを調達してもらい、優遇してもらったと思う。なんとか続けたいと思った。

 雪道は慣れるしかない。新聞店の同僚や、高校時代に新聞配達の経験ありの彼に走行のアドバイスをもらったり、両足走行したりして、なんとか毎日こなしていった。

 そのせいか、今は雪が降っても、泣きたくなることはない。除雪車が通らないボコボコ道も1速で慎重に攻める。私のような初心者は、もちろん両足をついて、が基本である。転んだら、バイクを起こすのも、新聞を拾うのも大変な作業になる。

 よって、転びそうになったことは幾度となくあるが、転んだことは、走行中にはない。スタンドを立て忘れたときの、1回きりである。(これは見事に転んだ)

 お正月、元旦、広告が多くてバイクに乗りきらず、休みだった夫に、車で現地まで残りの新聞を運んでもらった。テンパって誤配してしまったが、もう一周して、修正した。わりと早く誤配した家が見つかったので、時間内にも終わり、良かった。

 初日の出は、残念ながら曇りで拝めなかったけど。。

 

 乗り物に乗っていると、少し、嫌な気分が吹っ飛ぶ。

 雪道も、

「モトクロスも面白いかも?」

と、思うことがあるくらい、苦手ではなくなってきた。朝の早さも、彼が同じ時間に早起きして、励ましてくれているうちに、平気になってきた。

 慣れた頃が危ないとはいうが、ここまで慣れてきて本望である。自分にできるのかと思っていたが、やってみてよかった。

 これまでは、自己達成感が少なく、自信がなかったため、人に「できないよ」「向かないよ」と言われると、あきらめることも多かったが、自分自身とよく話し合って、こうと決めたらやってみるものだな、と思った。

 

 今年は、次はどんな挑戦をしてみようか・・。

 そう思えるような事例であった。(*´ω`*)

 

 

 

f:id:rtaroyma:20180101125734j:plain

なつかしい紅葉の時期

自分が女にもどるとき

 

年の瀬、今年も人の支えの上に、頑張った。

感謝以外の言葉にない。

無事こうして生きている。しあわせだ。

しあわせだ。

なのに、どうしてさみしいんだろう?

ふと気づくと、いつもここに押し戻される。

ひとりで背負おうとするせいなのか。

清濁飲み込むことにも、慣れているはずなのに。

 

少し御洒落をして、外に出る。

みんなの好物に目がいき、手が出る。喜んでくれるはずだ。

冬休み中、みんな満足な笑顔を見せてくれる。

それなのに。

それでも満たされない私は、シャワーを浴びて自分のカラダをいたわりながら、ため息をもらす。

あの人の優しい声や、あたたかさを思い出しながら、敏感なところを存分に刺激して、高く高くいく。。

涙と一緒に、私を、流して、そうして何かをリセットする。

 

また、来年も頑張る。

こころと体の寿命が来るまで。

 

来年も、あなたに幸福がおとずれますように。。