雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

ひき続き、布マスクを楽しむ

 

 

 第一次だか、第二次世界大戦の時だったか?女性もなぎなたや竹やりを持って、米軍を迎え撃つ訓練をしたと、社会の授業で習った覚えがある。

 相手の空爆や兵器に竹やりで対抗かぁ。。

 気迫は買うが、何とも、ちょっぴり、むなしいなぁー、と子供心に感じたものだ。

 

 さて、そんな自分もさしずめ「新型コロナウィルスに布マスク」で微力ながら対抗、といったところである。

 所詮、効果のほど、どのくらいか?と、いうことだが、たとえ効果がさほどでなくとも、こういったものの積み重ねが大事なんだろうな、と思う。

 マスク、手洗い、早寝早起き、バランスのよい食事、適度な運動。

 毎日の、ちょっとした薄皮のようなことを心がけるだけでも、体内に入って来た時、その毒性が少しでも弱まるものと信じることにして。

 そうすれば、非常事態にも、きっと冷静になれるかな。

 出来る限りをつくして、あとは、ワクチンや特効薬開発の援護射撃を待ちましょう。

 o( ^ω^ )o


 

 あ、それから。。

 周りの人との、思いやりの声がけは大事ですね。。

 生きる元気が出ます。

 こんな時です。お互い楽しい時間を。



 

 

f:id:rtaroyma:20200323124200j:plain
f:id:rtaroyma:20200324220040j:plain
f:id:rtaroyma:20200323124211j:plain

                                                                                                                                                                                                                                             

 プリーツ型も作ってみましたが、慣れないせいか、立体の3倍は時間がかかりました。(^_^;)

 プリーツは、手間も布も少し余計にかかりますが、二男が「これめっちゃいいじゃん!」と気に入ってくれたので、がんばって量産します。

  Wガーゼの無地の生地は、どこの店舗も品薄で、優先的に息子たちの学校用にしました。

 

 

 作り方を動画で見てみると、ちょっとしたコツがわかったので、さっそく参考にしたいと思います。

 動画を見ると、皆さん素敵な生地を使って、それぞれ作り方を工夫しています。

 今、世界中の国々の人たちがマスク作りがんばってますね。

 可愛くて、カラフルだったり、思わず「おー!」とつぶやいてしまいます。

 

 

 

 さて、これ、食べかけになっちゃったのですが、、 

f:id:rtaroyma:20200322210927j:plain

 今まで、上手く鶏むね肉を調理できずにいて、もも肉ばかり買っていたのですが、写真の調味料が安かったので、買ってみたところ、とっても美味しくご飯が進むおかずになりました。

 レトルト系の調味料は、高いのであまり買ったことがなかったのですが。

 家の男子たち、美味しくて無言でガツガツ食べるのこと、むね肉とは驚きでしょう、フフ。

 むね肉はヘルシーで安いので、うれしいです(≧▽≦)

 

 それではまた、お元気でお過ごしください。

 

 新聞配達、行ってきます!

 

 

不器用ながら、布マスク

 

 手作りへの憧れはある。好きな素材を選び、好きなデザインで作れたら、と思う。

 しかし昔から裁縫が苦手で、家庭科の授業で課題が与えられても、完成したためしがない。

 編み物も、セーター一枚をやっと編んで、それきりしたことがないし、必要最低限のボタン付けや繕い物をするだけで、極力避けてきた。

 

 子供たちの入園・入学時に、手作りバッグや巾着を作る時は、かなり気が重くなったものである。

 しかし、何年間も使うのだから、せっかくなら格好いい可愛いものをと思い、やる気だけで仕上げたが、今になってそれを眺めてみると、よくこんな細工できたもんだな、二度と作れないわ、と苦笑いしてしまう。

 

 要はその時のやる気である。自分のためだと、あまりやる気が出ない。

 子供に持たせるとか、誰かにプレゼントするとか、そういうことなら、アドレナリンがバンバン放出されるようだ。

 

 今回も、必要に迫られてマスクを作ることにしたが、せっかくなので、ちょっとテンションをあげるためにも、身内や知り合いにもおすそ分けすることにした。

 

 

f:id:rtaroyma:20200315103530j:plain
f:id:rtaroyma:20200316144249j:plain
f:id:rtaroyma:20200316172638j:plain

 

 このご時世、どうしても材料に限りがあり、なんとかお店にあったもので。

 いちいちミシン糸を変えるのが面倒なので、シルバーがかったベージュ色で統一して縫いました。

 何枚か、失敗しながら、なんとか形に・・汗

 

 多少のゆがみや雑な部分は、どうかご容赦していただきましょう^^;

 

 

f:id:rtaroyma:20200316084748j:plain
f:id:rtaroyma:20200316180514j:plain

 

 左は最初の失敗作。

 上糸の調整不足で縫い目がぐちゃぐちゃになりました。(^_^;)

 

 一応、表布と裏布の間に、お好みでキッチンペーパーやガーゼなどを入れることができます。

 

 右は東京に一人暮らしの姪っ子に。私の母親が、孫であるこの子をとても心配していたので、私からもお米やお小遣いと一緒に送ってやりました。

 

 

f:id:rtaroyma:20200317104009j:plain
f:id:rtaroyma:20200317093642j:plain

 

 私の両親と、私の姉、姪にもそれぞれ。

 仕上げのアイロンがけはしませんでした。

 ふわふわしてた方が、肌との隙間が少ないかなと思ったので・・ 

 

 

f:id:rtaroyma:20200317120246j:plain
f:id:rtaroyma:20200317124001j:plain

 

 千葉と栃木に住む、いとこたちにも。

 それぞれの家族人数分送りたかったのですが、とりあえず反応をみてから。

 年賀状の返事が書けていなかったので、お詫びがてらちょうどいいかなー

 

 

f:id:rtaroyma:20200318092902j:plain 

ちょっと、大きめですかねぇ。。

もう少し、脇が短くてもいいかな。

 

f:id:rtaroyma:20200318094058j:plain

 

 下の、3つのマスクは、年末にたまたま通販で買ったもの。

 春になって、バイクで集金するときなど、紫外線対策のために買いました。

 もちろん、今は品切れです。。

 これらに比べると、一番上の私が作ったのは少し大きめですね~

 

 

 今日は、立体型のマスクでしたが、明日はプリーツ型を少し作ってみようと思います。

 それでは、よい一日になりますように!

 

 

 

 

愛しい時間

 

 この話はフィクションです。

 

 昨日、あっちゃんと休みが合ったので、会うことにした。

 あっちゃんは、バイト先の先輩で、でも私より一回り年下の男の子。ちょうど一年前私がバイトを始めてすぐくらいから話すようになり、気が合いそうだと思ったので、「ちょっと30分くらい、マックとかでおしゃべりしない?」とあっちゃんの休みの日に軽い気持ちで誘ったのがきっかけで、仲良しになった。

 それからというもの、あっちゃんのお仕事がお休みの時に、よくドライブに連れて行ってもらったりする。

 

 人生はいろいろある。

 あっちゃんは、始め、「友達以上にはならないから」と私に言った。

 既婚者の私は、もちろんそれで良かった。「あら、なんか振られた気分だなぁ~」と冗談交じりに言って笑った。

 

 いつだったか、山の方をドライブ中、あっちゃんは「少し休憩」と言って、道路脇のスペースに車を停めた。そして、助手席の私の膝の上に、ころんと横になった。

 「ねぇ、お願いがあるんだけど」

 

 ・・・。

 何と言われたのか、よく覚えていない。

 私は一度断ったのだが、

 「俺○○さんだったらいい」と、自分が初めてだということを打ち明けられ

正直、私も彼に好感を持っていたので、断り切れなかった。

 「・・1回だけ?」「1回だけ」

 「内緒で?」「・・内緒で」

 

 あっちゃんは、緊張していたのか、なかなかうまくいかなくて、

私も一生懸命したつもりだったが、コンドームをつけるのも難しかった。

 「立だねなー」

 「ね、無理しないで、この次にしよう・・?」少々疲れてきてしまった。

 「いや、今日する」

 ずいぶん時間がかかって、結局その日は自分の手でしてもらい、最後に口で受け止めた。

 

 

 それから1年。

 あっちゃんは、私のやっかいな心の穴をいつも埋めてくれた。

 ドジな私にやさしく突っ込み、いつもフォローしてくれた。

 

 

 

 もうすぐ、転勤や引っ越し、新生活の季節がやってくる。

 もうすぐ、ここ山形にも、感染者が出るだろう。

 

 ふと、帰りがけに

 「来週は、どうなっているかわからないね」とあっちゃんに言った。

 「来週は、普通に休みだよ」

 何事もないようにいう彼。

 

 

 「あっちゃんがいなくなったら寂しい」

 隣国では、比較的若い人も亡くなっている。

 

 「それは、どうなるかは、わかりませーん。」

 ・・・。

 「そればっかりは、わかりません。」

 これは、正直な彼のいつもの口癖である。

 

 「そんなことわかってるよ。あえて言わなくってもいいでしょ」

 目の前がにじんで見える。

 「あ、ごめん。」

 運転しながら、左手で私の手をにぎる。

 

 「大丈夫、そんなに簡単にいなくなったりしないから」

 

 「あっちゃんに奥さんがいて、健康管理してくれた方がマシだ・・!」

 

 忙しく働き、いつもお店のお弁当が主食の彼が、いつも気にかかる。

 

 「会えなくなってもいいから、生きててね」

 

 「うん」

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 一人離れて暮らす姪っ子。来年巣立つ長男。

 

 彼らが小さかった頃の、平和な日々を思い出します。

 

 なんと大変な時代になったことだろう。

 

 大人がもう少し謙虚に生きていれば、いろんなことが変わっただろうか?

 

 各々が培った、今できることを、知恵を出してやっていきましょう。

 

 

 

  

免停60日  

 

 

 昨夜、家の二男(中3)が私のもとに来て、前髪をかきあげ、こう言った。

 「お母さん、俺額広くなってない?ハゲないかなぁ~?心配だよ~!」

 私の父、つまり彼の祖父は、れっきとした薄毛である。ハゲは遺伝する、と小耳に入れた息子たちは、まだ10代半ばだというのに、将来自分がハゲないか、とても心配している。まぁ、誰しも出来ればハゲたくはなかろうが・・・

 「大丈夫だよー、今は良い育毛剤があるし、カツラだって増毛だってできるでしょ」

 「まぁ~そうだけど~。でもイヤだな~」

 長男(高2)も、前に、

 「かーちゃん、育毛剤買ってー。今から予防するんだから」

 と言っていたっけ。今からそんな悩みにさいなまれているなんて、若いのに気の毒に。

 「ていうか、そんな10年20年後の心配なんかすなー!

 あさっての、高校受験の心配はどうしたぁーー!!」

 

 喉元まで出かかったが、おっとっと。我慢する。

 彼の志願先の倍率は、予想より高く、そんなのほほんとしたことを言っている場合ではないのである。

 しかし、彼の勉強する姿を、ここのところの休日、家族の誰一人見ていない。

 ほとんどタブレットで遊んでいるようだ。

 2年前、長男はコツコツ勉強して、無理のないところを受験したので、あまり心配しなくて良かった分、二男本人以外の家族みんな、彼をとても心配している。

 「ねぇ、ユーマ、あのさ、倍率高くて、諦めたわけじゃないよね?」

 「え、あきらめてないけど。」

 「受かるつもりなんだよね?」

 「え、もちろん」

 さすがに、それから少し勉強する格好をし出して、薄い問題集みたいなものを出してやっていた。

 それから、皆でお墓参りに行った。ご先祖様、どうか見守ってくだせい。

 

 

 長男も次男も、休校のため自宅にいるわけだが、私もほぼ時を同じくして、昼の配送の仕事を休んでいる。

 それは、忘れもしないバレンタインデーの日、仕事帰りに疲れていたのか、追突事故を起こしてしまったからである。

 そして、去年の7月にも、同じような事故を起こしてしまったので、前科1が付き、免停60日となってしまった。

 相手の方は軽い怪我で済んだが、もう、こんな迷惑をかけて人間としてダメだよなぁと、さすがに落ち込んで、車の運転をやめ、仕事もやめようと思った。

 新聞配達だけ続け、昼は近場で何か仕事を見つけようと思った。

 

 ここのところ、新聞配達の量が増え、体力のない私は、2時間バイクに乗るだけでも

結構な運動量なのだが、チラシ入れの時より収入も多くなったので、まあ良しとしていた。それに加え、相変わらず日中の給食の配達もハードで、仕事自体は楽しいのだが、疲れが溜まっていたのだと思う。

 仕事中は気が張っているが、どうしても終わって帰る時にいつのまにか眠くなる。自覚して、そのへんのコンビニの駐車場で、ひと眠りしたりすればいい方なのだが、片道30分ほど運転している間に、急にガックリ眠くなる時もあり、気をつけねば、と思っていた矢先だった。

 それも、給食配達の仕事を始めてから、もう数回、居眠り運転(表向きは前方不注意)で事故を起こしている。保険会社の担当の方にも、

 「相手の方に、これ以上の怪我をさせたら、取り返しがつかないですし、ご家族と相談されて、少し運転を控えられた方が・・」

という言葉をいただいた。その通りである。

 しかし、今いる会社が好きだということと、他にできる仕事があるのか、、と考えると、これでも配達というか、運転の仕事が一番ストレスがなく、楽であるのだ。。

 

 3月1~2日の免許センターでの講習の末、なんとか免停が30日に短縮され、今月末までの免停となった。

 この間によく反省し、考えたいと思う。

 

 幸か不幸か、子供たちが休みなので、3度3度の食事作りに忙しく、また自転車で買い物などをするため時間がかかり、なかなか思ったように家事がはかどらないが、昨日は、とりあえず年賀状の返信のかわりに、御無沙汰している人にメールをやっと送った。

 あとは、マスク作り、衣類の片付け、スニーカー洗い、などを終わらせて・・・

半端ではあるが、残りの期間、臨時で近場で、アルバイトをするつもりである。

 二男の入学に際してもお金がかかるし、罰金も来るだろうし、長男の車の免許のために貯めなければいけないし、まだまだ凹んではいられないのだ。

 

 今、新聞配達も自転車でやっているが、間に合わない時もあるので、長男が少しだけ手伝ってくれている。

 一応、このご時世なので、高校生もアルバイトは禁止なのだが、自営業や、親と同じ職場で目が届くような仕事なら許可だということである。

 

 最初に自転車でなんて、とてもできないと思っていたが、いい運動になり、自転車ライフも悪くない、と思う今日この頃。

 もともとずっと自転車乗りで、山形に住むようになってからは、雪の日の子育てが成り立たず、車を買ったわけだけども。

 

 ますます節約生活で、安いお肉を買って、手をかけて美味しくしたり、手と時間はかかるわけですが。

 やりくりも時には楽しく感じ、食べ盛りの息子たちがおいしいと言ってくれるとそれはそれでよかったなぁと。

 産直のお店に早くから行って、やわらかな、若芽に近い青野菜たちを買って、さっとゆがいていただく贅沢。

 

f:id:rtaroyma:20200308090636j:plain
f:id:rtaroyma:20200307171549j:plain
f:id:rtaroyma:20200308092200j:plain

 

 

 昨夜は、写真のブロッコリーや人参を使って、クリームシチューを作り、他に鮭のおにぎり、小松菜の味噌汁、さつまいもの練乳煮、ハムチーズフライ、フルーチェで夕飯にしました。

 シチューに味噌汁に、なんだかなーという感じですが、

ま、いいじゃないですか。

 おにぎりのシャケですが、私の母は、焼き魚の時、いつも身が硬くなるまでしっかり焼いていましたね~!

 私は、しっとり派で、ぎりぎり火が通ってる感じにします。 

 

f:id:rtaroyma:20200307185824j:plain

 

 お粗末さま~!(´~`)

 最近、お味噌汁には、ニンニクを薄くスライスして、少々入れています。発酵食品と、ニンニクで免疫アップですよ。 

 

 シチューが余っているので、今夜はタラをフライにして、ソーセージを足して、それをメインにしようかな。

 お昼は、今日は冷たいおそばと、天ぷらです。

 

 

 昨日、桃の缶詰を開けようとしたら、缶切りが見当たらない。

 しょうがない、100円ショップでまた買おうか、と思っていたら、ふと、サバイバルナイフについてたのがあったかな?と思い出し、何年か前に用意した非常用のリュックサックを開けてみることにしました。

 

 そしたら、あら~

f:id:rtaroyma:20200309012101j:plain

 

 缶切りも入ってたし、1つずつだけど、マスクと消毒液が入ってた~

 古いけど、消毒液まだ使えるのかな?

 

 

 どうか早くワクチンや特効薬が開発されますように。

 皆様お元気で過ごされますように。

  

 

 

たったひとり

 

 

 その人の幸せを願っています

 自分の感情などどうでもよく

 

 

 

 

 私にいろんなことを教えてくれた

 

 車のことや、仕事のことや

 自分のことや

 

 

 

 

 

 

 一緒にタイヤ交換をしてくれた

 

 

 雪の日、バイクで後ろを走ってくれた

 

 

 あったかいお茶を買ってくれた

 

 

 子供の頃、よく遊んだ場所に連れて行ってくれた

 

 

 今日は何すっかな、といつも考えてくれた

 

 

 

 

 

 

 

 横顔に見とれるバカな私を

 知らんぷりして 

 

 

 

 そして、後でたくさん

 愛してくれた

 

 

 いつのまにか、幸せでした

 気づかないうちに

 

 

 

 

 

 

 

 あなたの優しさは、心の奥底に染みて

 いつの日も私をなぐさめてくれるでしょう

 

 いつか遠くに離れたとしても 

 一人の時も

 

 

 

 

 

 私の、なんでもない人生に、あたたかいものをくれた人

 なにも言わず、愛してくれた人

 

 

 

 

  

 

 

 

 

今週のお題「大切な人へ」

 

 

 

ひどい割には、お気に入りの日々

 

 生来のおっちょこちょいで、たまにいろいろやらかすことがある。

 いい加減、いい歳をして、ダメだなと思う。

 しかし、これでも昔の自分より全然マシ。

 出会った人達の影響も受けて、欠陥だらけが矯正されてきたようにも思う。

 

 優しさも人を変えるけど、ひどい仕打ちを受けたり、ばつの悪い思いをして「なにくそ」と変われることもある。 自分は、今までこんなことが半々くらいだったかな。

 今思えばどんなこともプラスになったと思う。

 

 大事なのは少しばかりの素直さ、それから休み休みでいいから、情熱や希望を失わないこと。

 それができない人は、自分のこと、行動を認めること。それでいいんだよ、と。

 自信を持って自分自身を励ますことができたなら100点満点それ以上。

 

 

 この世は結果オーライ、物の見方次第・考え方次第。

 たとえどんな死に様でも、自分らしく精一杯好きに生きるが勝ち。

 そんなのは他人にはわかりゃしないんだ。

 期待せず、自分のことをあやしてなだめてかわいがろう。

 

 大丈夫、悪いことも相手さえも自分で変えることができるのですよ。

 機嫌よく行こう。 

 

 


ONE OK ROCK – Push Back (Japanese Version) Lyrics + Romaji

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年こんな世の中で、環境も悪いが、それでも日本人が好きだ。

 日本人のセンス・知恵・心遣いに憧れるから、日本がどんな末路をたどろうとも、最後までその残党として居座れたらいいな。その良さを後世に伝えきれなかったとしても。

 

 まぁー現実はせいぜい、子供の学費稼ぎと食事作りに必死になって、働くだけだろうけど笑

 

 そうそう、この間、夕飯に「肉じゃが」を作っていたら、よほど疲れていたのか、仕上げに牛乳を入れてしまったんですよね。

 気が付いたら、目の前に計量カップと牛乳パックが置かれていて。

 100cc計って入れたのを覚えていて、って・・シチューじゃないんだから。

 まさか立って料理しながら眠るとは思いませんでした。

 あと、うとうとしてラーメンのスープを太ももにジャー!とか。

 寝不足には気をつけましょう。

 というか、眠い時は迷わず睡眠をとりましょう。

 

 

 

 毎週土曜日の朝は、産直の八百屋さんに開店と同時に飛び込み、新鮮で安い野菜を買ってくる。

 煮くずれしにくい大ぶりのじゃがいもや、薄く皮を引くと水分がじゅわっと出てくるような人参、茹でると柔らかくて甘いほうれんそう、葉の先まで美しくて太いねぎ。

 多めに買って、家で下ごしらえ。ほうれんそうは、めんつゆをほんの少しかけてつまみ食い。

 ゆでてアクを抜いたほうれんそうが甘くて美味しい。なんて贅沢。

 今の上皇后美智子さまも、かつて「ほうれんそうでご飯を食べるのが好き」とおっしゃっていたが、きっと新鮮で美味しいほうれんそうを召し上がっていたのだろう。

 野菜をあまり食べなかった息子たちも、今は「美味しい」と言って食べる。

 これでもかと沢山ねぎと、スライスしたにんにくの入ったお味噌汁は、免疫力がつきこの季節、とても体にいい食べ物である。

 二男は高校受験を控えている。

 みんな風邪に負けるな~!

 

 

f:id:rtaroyma:20200216134207j:plain

 

 

 ほかに、あったかいシャワーを浴びることなどが至福のとき

 鬱で悩んでいるときは、浴びるまでの着替えにとても時間がかかったり、浴びる意義がわからなくなったり、苦痛な時もあったが。

 

 

 仕事が増え、体力のない私は、毎日へとへとだけど、

 二男の進路のためパソコンと大学進学の学費、長男の就職のための運転免許代

など「お母さんお願いね」と言われればやるしかないですわな。

 できれば「お父さん」に頼ってほしいけどね汗

 

 まとまらなかったけど、時間がかかっちゃいました。もう寝ます。

 今日は掃除機かけられなかった。スニーカーも洗えなかった。たぶん。

 あと、加湿器が見つからない。どこ行った~?

 起きたら夕飯の支度、息子たちのリクエストで豚の生姜焼き。

 いつも豚肩ロースの薄切りを使っています。

 ついでに余ったタコがあるので「チヂミ」も焼いておこう。

 明日のお弁当の一品に。

 

 九時頃また寝て、夜中一時半に起きて新聞配達出発です。

 チラシ入れをしていたのですが、結局、配達員が足りなくて、バイクで二時間ほど配達してます。

 その後お弁当と朝食作って、お弁当の配達行くよ。

 みんなに会えるの楽しみだな。

 

 下らないおしゃべりにおつきあい、ありがとうございました。

 おやすみなさい(˘ω˘)💤

 またいつか。

 

 

 

年頭にあたり雑談してる場合じゃない

 

 

 年が明けたと思ったら、もう10日以上すぎた。

 年賀状の返事すら一枚も書けていない。

 かろうじて、二男(中3)の通信簿を登校日当日の朝に見て、異常なしであったため(いや、よく頑張って先生にほめられていたから上出来)通信欄にお礼のコメントを急いで書いたくらいである。

 ブログも、2~3行書いているうちに、睡魔が襲ってきてダウンしていた。

 もう年賀状を書く時間もないから、電話で挨拶を済ませようかとも思っている。それはそれで、時間がかかるかもしれないのだが。

 とにかく、病気で手術したとか、親が亡くなったとか、そんな便りの友人・知人もいたので、早目に連絡を取りたいと思うこと山々。

 

 

 ここのところずっと仕事が忙しく、新しいことも覚えるために、精神的にハイになっており、あまり眠れていなかった。 子供たちが冬休みということもあり、家事も忙しかった。友達付き合いも、なんだかんだで週に1回はあったと思う。

 今週あたりから仕事も何とか覚えて独り立ちし、ほっとしていて、あとは毎日頑張るだけである。

 今のところ、2つの職場を掛け持ちしているが、どちらも人間関係は良い方であり、毎日仕事に行くのが楽しい。逆に、仲が悪い人たちと仕事ができるほど、メンタルが強くない。仲違いしながらも、一緒に仕事をしている人たちもいるが、大したものだと思う。幸い自分は仲良くしていただき、頼れる仲間もいるし、自分も役に立ちたいと思う。

 

 

 まぁ中には、波長が合わない、そういう人もいるだろう。「合わない時期」の人もいるだろう。好きに生きればいいと思う。私を友人としても必要でない人もいるのだから、そういう空気をキャッチしたら、自然と近づかなくなるものである。蛇足。

 

 

 

 暇はあまりなかったのだが、たまには息抜きにと思い、録画されていたお正月特番を少しみたりもした。(倍速再生で)

 印象に残ったのは、M-1で3位になったお笑いコンビのぺこぱ。

 それから、木村拓哉主演のドラマ「教場」。嫌いなタイプの滑り出しだったが、最後は感動させられた。人に希望を与えるドラマだったと思う。大人は木村演じる風間の真摯さも手本にすべきでは。また、こういう大人も世の中にはいるのだと、若い人に希望を持って欲しい。

 

 

 

 

 

 私の2歳年上の姉は、他県で小学校の教員をやっている。

 ベテランで、今までそんな話は一度も聞かなかったのだが、去年から担任しているクラスがどうも崩壊したらしい。

 今までは、やっかいな保護者の話など少し聞いてはいたが、子供たちの授業が成り立たない様子を聞いたのは初めてだった。

 姉は学生の頃から優秀で性格も良く、努力家で、私の尊敬する人だ。情も厚く、できの悪い私のことも、かわいがってくれた。

 全く違う人生を歩んでいる自分だが、こんな私でも、なんとか彼女を助けたいと思うのだが。

   

 

 

 

 

 

 愛してる人がいる。

 くわしいことは伏せておく。

 ただ、自分の感情など、どうでもいい。その人が良いならそれでいい。

 そう思えるほど、その人が好きだ。

 一番好きなのは、自分を決してよく見せず、人にどう思われてもいい、と思っている所。

 だから、相手が誰だろうが、嫌われようが、正しいことを言う。

 冷たいと紙一重の照れ屋。 

 時々、何を思っているのか、わからなくなる。

 ポーカーフェイス。

 返事のないメール。

 プロレス並みの?痛いハグ。

 ポツポツ話す自分のこと。

 気づくと合わせてくれてる歩調。

 

 聞いていないようで、ちゃんと聞いている人。

 私の何でもない人生に、優しい思い出をくれる人。

 

 

 

 

 

 

 

 一人でいるときは、音楽を聴きます。

 もし、一人になっても、Takaのボーカルを聴いているとリセットされて頑張れる気がするのです。

 Taka生まれてきてくれてありがとう。

 


ONE OK ROCK | Wherever You Are Live

 

 

    

  よい一年に。

 

  

 

 

  

ほぼ雑記

今週のお題「紅葉」

 

rtaroyma.hatenablog.com

rtaroyma.hatenablog.com

rtaroyma.hatenablog.com

rtaroyma.hatenablog.com

 

 

 こんばんは!

 皆様、どんな週末でしたか?

 今週のお題が、『紅葉狩りの季節』ということで、1~2年前の写真ですが、山形の紅葉をお楽しみ下さい。

 

 今日は、買い物ついでにドライブをして、山の方にも少し足をのばしました。

 今年は遅い紅葉とはいえ、だいぶ終盤といった感じでした。

 それでも、黄色や茶色味がかったオレンジの紅葉は、落ち着いた優しい美しさで、静かに癒されました。

 他の方のブログやインスタでも、まだまだ見頃の紅葉をたくさん拝見できて、嬉しく思います。

 来年は、どんな紅葉が見られるでしょう。

  

 

 

 

f:id:rtaroyma:20191124154924j:plain

 

 この間、久しぶりに髪を縮毛矯正して、短くしてもらいました。

 良心的なお値段で、6400円くらいだったかな?

 シャンプーやブローなどお手入れがとてもラクです。

 

 

 

 明日から仕事が増え、しばらく忙しくなります。

 ストイックに生活して、少しでも睡眠時間を取らなくてはいけません。

 普段はつい、ぼーっとしたり、のんびりしがちで、睡眠時間が削られてしまうのですが。。

 うつが良くなって、家事もこなせるようになってきたので、イコール節約生活ということで、そちらも最低限はやっていきたいです。

 なにより、手作りの食事は、自分で言うのもなんですが美味しいですから。。

 子供たちにも、栄養バランスのとれた、楽しい食事を食べてもらいたいです。

 働くとは、『傍を楽にすること』

 子供の為にも、自分の為にも、力が尽きるまで頑張ります。

 

 

 

 今日ドライブをしたと、先ほど書きましたが、その山の中腹には大きな公園やアスレチックがあり、息子たちが幼い頃よく遊んだところでもあり、横目で見ながら走りました。

 夢中で緑の中走る、幼い頃の息子たちの姿が、目に浮かびます。

 かわいい子供に恵まれ、幸せだったと思います。

 今はこうして手を離れつつ、一人で音楽を聴きながらドライブをしたり、ひとしきり自由を得ては、また生活をがんばって。

 

 

 

 精神的な症状に悩んでいる人、思うような人間関係が結べない人、体調にも支障をきたしている人・・・。

 自分探しの旅も、もちろん大事ですが、一番は勇気を出して、実践することだと思います。

 これが大変なんですよね。。

 人と関わって、失敗して、立て直して、また関わって、お互いを尊重して、いつかうまく人生が回るようになります。

 人に傷つけられた跡は、人に癒してもらいましょう。それが特効薬になります。

 心が折れたら、私のところに来てください。

 何度でも、励まして、あなたが自由を得るまで、あなたのことを応援しています。

 

 

 

  

f:id:rtaroyma:20191124154901j:plain