雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

引き算の愛③

 

 まずは先月15日にお弁当・給食の配達の仕事を辞めたことから。

 年末にノロウィルスを出してしまった我が会社(元)であったが、私の配達先が主に県内トップクラスの大病院だったことから、「医療従事者のお客様方に申し訳なく、もうどんな顔をして営業したらいいかわからない」と思い、年明けに辞表を出した。

 社長は、「今大変な時期だから、年度末まですまないが待ってくれないか」とおっしゃった。私はそれを飲み、いっぱいいっぱい謝罪に奔走した(つもり)

 年度末になって、公共機関や保育園等の契約の継続か否かが決まった。しかし、社長はまた、「さくらんぼ農家の繁忙期の配達があるから、6月15日までお願いしたい」と言った。新人さんがなかなか見つからず、見つかっても難しいルートだったりするので、すぐに辞めてしまったり、というようなことが何件かあったようだ。

 なんとか期日ギリギリで採用された、平成生まれの男性の新人さんに、ラスト3日間で私の仕事を引き継ぎ、わからない所は「勤務中だったらかけてきていいから」と言って、電話番号を教えた。6月中は毎日のようにかかってきて、質問されたけれども、やっと最近慣れたのか?かかってこなくなった。無事、続いているといいのだが。。。

 

 というわけで、昼間3時間(実質は4時間は働いていた)労働から解放され、暇になったかと思いきや、たまっていた家事、長男が就職で出て行った後の片付け、などなど、山ほどやることがあり、新聞配達も休めないので、結局毎日2~3時間睡眠だった。

 家は経済的にも、家事においても、とにかく援護射撃が少ない。去年9月に家族4人スマホにして契約し直してから、忙しくて眠くてWi-Fi機器も取り替えられず、やっと先日行くべき所に行き、聞くべき所に聞きながら設置し直した。キャッシュバックの手続きは期限が切れて無効になっていた。残念だが仕方ない。そしてこの際だからと、固定電話をやめる手続きもした。Wi-Fi機器が変わったので、接続できず、わらわらと男子たちが部屋から出て来て、暗唱番号を入力して行った。手続きに何カ月も何時間もかかったので、「作業するのに苦労したんだから、感謝しろよ」とクギを刺したのは言うまでもない。

 長男の置いて行った私物の処理、片付けに次ぐ片付け、洗濯機のカビ取り、鍋類の焦げ落とし、扇風機や温風機をバラしてほこりを拭く、コロナ対策グッズの整理、何年越しかの断捨離・・次から次へとやること出てくる。

 そして年賀状の返信・・・ここに来ていろいろと節目の報告もあるので、何行かのお手紙風に丁寧に返信したいと思う。

 

 もう一つ、これを機に思い切って、私が乗っていた軽自動車を返上することにした。雪の山形に移り住んでから、子育てのために15,6年乗った。冬は通勤に片道1時間かかった弁当屋も辞めたし、子供のスポ少や習い事、部活の遠征などももうないだろう。

 元気な時は、毎日子供たちの遊びのため、病気の時は病院へと、活躍してくれ、本当に助かった。ありがとうと思う。

 

f:id:rtaroyma:20210705115431j:plain

 

 実はこれが3台目。

 15年の間に、居眠り運転などで、何度事故ったか。

 体力のない私は、うつも併発しながら子育ても仕事も必死だった

 よく命があったと、しみじみ思う。神様ご先祖様たちが見ていられず、助けてくれたのかもしれない。

 最後まで時間に追われたが、何とか掃除機をかけ、車体を拭いて、感謝の気持ちで送り出した。

 

 

 車を保持して活動量を増やすより、自分の体力なども考えて、こういう選択をしました。 

 弁当屋を辞めることは寂しいな、と思っていましたが、いざ、眠気と闘いながら行かなくても良くなったことや、やはり業務が大変だったことから解放されて、今はとてもほっとしています。

 また、車2台は、家には贅沢だと引っかかっていたことから、経済的にも環境的にも、僅かにですが、肩の荷が降りました。

 

 これからは、地に足をつけて、無理せずやっていきたいです。 

 

 

 

🍒二男のお弁当

左 うこぎしらすご飯、鮭タルタルソース、生姜焼き、イカのさっぱり煮、おひたし

右 いんげん炒め、卵焼き、焼き鮭、肉団子、ヨーグルト入りポテサラ

f:id:rtaroyma:20210705115718j:plain
f:id:rtaroyma:20210705115336j:plain


 

 

 

 余談ですが、今年は「父の日」を忘れていたんですよーーー!いっけねぇ。

 なんとなく目や耳には入って来ていたんですけどね~

 私の父には、時期的にさくらんぼを送るので、今年はもうそれも済んでましたし。

 近年は、義母にはお刺身か生寿司、お肉好きの義父には牛肉などをプレゼントしていましたが・・・

 あわてて、1週遅れで、近所の結婚式場のテイクアウト弁当を送らさせてもらいました。

 義父には、少し豪華な「うなぎ&ステーキ弁当」同居している甥っ子と義母には「山形アドベンチャー弁当」なるものを。。↓

 お弁当は5個からの注文ということだったので、我が家もおこぼれ頂戴しました。

 夢中で食べ始めて、はっと気づいて写真を撮ったので、少しおかずが減っちゃってますが・・・(^_^;)

↓山形のセロリやお肉など、地元でとれた食材をふんだんに使っています。

 ご馳走様でした。

 

f:id:rtaroyma:20210705115805j:plain

 

 

 

 さて、また長くなってしまいました。タイトルの話はまた今度ですm(__)m

 「今週のお題」も書きたいし・・

 書く書く詐欺になってしまうー。

 次回は必ず。たぶん。

 

 

f:id:rtaroyma:20210705115739j:plain

 

 水分を切ったプレーンヨーグルトに煮豆を添えて。休憩しましょう。

 

 

 温かいシャワーが出てくる、ささやかでも、好きなものを作って食べられる。

 感謝です。

 

 

 

引き算の愛②

 

長男があまり好きでなかったひじき、さつま揚げ、油揚げ、絹ごし豆腐、などの食材が、なんとなく今では「解禁」になり、味わって食べています笑 

あと、冷やし中華も。反動でしょっちゅう食べているかな。

右下 お弁当にもひじきごはんを入れたり。

左下 ホイップクリームは、粉状で売っているものが便利です。牛乳を入れて1分かき混ぜると出来上がります。

 

二男はあまり好き嫌いがなく、何を入れてもあまりクレームが来ないので、しかも1人分だけ、思いつきで、パパパっと作って、簡単です😊

 

f:id:rtaroyma:20210623130319j:plain
f:id:rtaroyma:20210623130106j:plain

 

左下 春菊とかにかまのサラダ、鶏肉の山椒焼き、味付け卵、にしんのみりん焼(冷凍)、ポテトのコンソメカレー煮、ブロッコリーの弁当。

おかずは多めに作って、旦那さんの小鉢(小皿)料理にしています。

青い野菜は、週末にまとめて塩ゆでにして、冷蔵、冷凍して一週間で食べきります。

f:id:rtaroyma:20210623125943j:plain
f:id:rtaroyma:20210623125916j:plain
f:id:rtaroyma:20210621175547j:plain

 

 

左下 最近はまっているのは、プレーンヨーグルトを深い茶こしで水を切り、まったりした状態にして食べること。

あっさりした食事のデザートなどに、無脂肪・糖分なしでも美味しいです。

茶こしの一番下に、フルーツやみかんの缶詰などを敷いてその上からヨーグルトを入れても、コロンとしたかわいいデザートができます😊

濾した乳清は、捨てずにいただきます。缶詰のシロップを少し入れてもいいですね。

 

右下 ある日の私の朝食。ゆかりごはん、にしんと豆の圧力煮、みそ汁、豆腐とすりごまの練乳掛けデザート。

こんなあっさり系が最近好き。

真ん中は、甘くないクリームチーズにりんごジャムをのせて、お弁当にも入れました。

f:id:rtaroyma:20210621175415j:plain
f:id:rtaroyma:20210621175342j:plain
f:id:rtaroyma:20210621175237j:plain

 

 

 長男は、一人暮らしするのに、ゲーム機を持って行かなかったらしく、そのぶん少しは時間があり、がんばってみそ汁や野菜炒めなど作っているみたいです。

 最近は、「みそ汁が腐りやすいから、どうやって保存したらいいか」など聞いて来たので、冷めたらすぐ冷蔵するとか、夏は少しみそを多めに入れるとか、必ず沸騰するくらい熱くして殺菌するとか、教えたら、へぇ~と感心していました。

 あまり料理の手伝いなどしてこなかった長男と、料理の話ができるなんて、ちょっと嬉しく思いました。

 

 あいかわらず長男は、お肉お魚が大好きですので、材料が安い時に、生姜焼きやからあげ、圧力鍋で煮たものなどたくさん作り、冷凍してたまに送っています。

 お刺身も安い時に買って、冷凍して送ると喜んでくれます。

 青物もたくさん食べて欲しいので、味は落ちますが、やはり冷凍で送ります。みそ汁の具にしているようです。

 

 ・・近況の脱線話が続きます。

 なかなかタイトルの具体的な話に到達しませんが、急がずまた次回に。

 

 健康に気をつけてお過ごしください。

 

 

 

引き算の愛

 f:id:rtaroyma:20210621175132j:plain

 長男が栃木に就職して一人暮らしを始め、もうすぐ3か月が経つ。

 設計の仕事でほぼ一日パソコンの前にいるらしい。

 GWには、消毒液をたくさん持参し、朝作ったおかずやみそ汁を詰め込んで、旦那と二男と私で栃木に行った。長男のアパート以外には、どこにも寄らなかった。

 駐車場にふわりと現れた長男は、ずいぶん細身になったように見えたが、食べることが大好きな彼は、持参した食事をモリモリ食べてくれた。

 そして、笑顔で

「あぁ山形に帰りてぇ」「家族っていいなぁ」とのたまったのが印象的だった。

 本来なら、若い男子が口にするに恥ずかしがりそうな言葉を、アスペで反抗期のほぼなかった長男は、さらりと言った。

 

(思いのほか、居眠りしたため時間がかかりました。また明日)

 

 

ブルーインパルスに願いを

 東日本大震災からの復興の願いを込めた『東北絆まつり』は毎年東北6県がその年の開催地に集い、それぞれの祭りを再現する。
今年の開催地は山形で、コロナ禍のため、実際の祭りは花笠踊りの再現のみで、残りの青森ねぶた、秋田竿灯、岩手さんさ、宮城七夕
(だったかな?)福島わらじなどは、大通りでの展示公開になった。
 規模縮小での開催は、良かったと思う。

 というか、私なんぞ、週末に東北絆まつりをやってることすら、知らなかったさ! 
 忙しくて。テレビも、スマホすらちょっとしか見てないし・・
 木曜だったか、金曜だったか、会社からの帰り道、早く買い物をすませようと車を走らせていたところ、何だか、近くで爆音がする。 ちょっと狭い道に入ったら、道路わきに人がいっぱい出ている。住宅街では、家族がいっぱい。
 スマホを空に向ける人だらけ。こんなに人いたんだ笑(久しぶりに密を見たから)
 思い切って、車の来ないタイミングを見計らって、人のそばに近づいて窓を開け、「何が見えるんですか?」と聞いてみると、
 「ブルーインパルスですよ」との回答。ほぉー。

 
 その時の感想は、
・みんなそんなに時間があるのね。
・え、そんなに見たいんだ。
・税金使ってるんだよねー。
・屋根にまで登って写真撮ってるおっちゃん、あぶねーよ。
・ワクチンがもうすぐ来るんだから、それまで我慢できないのかなぁ。。
・願いが叶うだけ、流れ星見た方がいいやね

でしたねぇ。。 
 

 そして祭り最終日の日曜日、再びインパルスが飛び・・・
 旦那と二男がまず「行くぞ!」と外に出た。
 私は、構わず家事をしながら、また買い物に出た。
 (買い物ばっかりしてるようですが、貧乏人なので、ポイント10倍デーとか、安い日とか、狙ってちょこちょこ行かなきゃいけないんですよねー。安い素材で手作り。暇なしですわ(^_^;)

 外に出た途端、近所の人々も、たくさん出てきて空を見ていたので面食らった。
 山形も、人けっこういるんだね。。なんて。
 それはそうと、早く買い物して、家事して、やらなきゃ自分の時間はおろか、寝る時間も短縮される。 

 鼻息荒く、しかし人を引かないよう、慎重に車を運転する。
 大型店の駐車場に着いたら、やはり人がたくさん出て空を見ている。
 独特の「キーン」という音がちょうど強くなったため、私も「ちょっと見てみっか」と車を降りた。
 雲の端の方に、4機、小さくスピードにのって等間隔で飛ぶ物体が見えた。
 ふーん。


 次の日、新聞店で、その話題になった。
 ブルーインパルス、見たか、陸上競技場で見たよ、あの飛行はやっぱりすごいね、あといつ見れるかね、、、などと話している様子を見ていると、どうもやっぱり私が少数派のひねくれもの?な気がしてきた。

 あれだけ人が一つのものに夢中になるんだもんなぁ・・・
 夢や希望があるってことかな・・・

 そう思うと、なにもマイナスなことで茶々入れて、人々の幸せな気持ちをどうこうしなくても良い。
 いろいろな感じ方があるのだから。
 ささやかな幸せか・・っていうのも、人それぞれだろう。
 

 後で、自衛隊の東北絆まつりでの飛行について書かれていたページを見つけて開いてみたら、一般の方たちの書き込みがあり、
「密なんてものじゃなかった」「コロナ禍になにやってるんだ、山形市は!」「税金の無駄遣い」など、私が最初に思ったのと似たような意見がずらずらーーっと出てきた。真面目な県民性も多少あるのだろうけど。


 だけど、それも間違っちゃいない。んだけどね、、
 大事なのは、物事は一筋縄ではいかないってことなのかな。人生と一緒で。
 いろいろ見聞きしたり、経験したりすればするほど、何かを否定したり攻撃する前に、考えてしまいますよね。
 そうなった過程や理由を想像したり。

 だから、簡単にSNSで攻撃したり、これが正解とかって、ふーんそんなに簡単なの、って思ってしまうんです。
 

 それに、日常私も「忙しい忙しい」とこぼして嘆いたりもするけども、でも、それもそうやって生かされてる証拠だったり、
 誰かの世話をしてるつもりが、そうじゃないかもしれない。逆に知らず知らずに支えられてるのかもしれないし、

 誰かの力になったと思えば、また誰かの力を借りたり、お互いにいつ支えてもらえるともわからないんだし、
 こりゃ先にいっぱい人に恩を売っといた方がいいかもわかりませんよ笑 まぁー言葉は悪いですが。 

 だから、まず人を傷つけたり攻撃するのは極力やめたいですね。自戒の念ですわ。
 何が言いたいのか、話が脱線してるかもしれませんが・・


 これだけの人たちの心を熱くしたブルーインパルス、また頑張る力をくれたのかもしれませんね。
 今はコロナ終息が一番の願い、が大多数でしょうけれど。
 現状に負けないこと、これがいつもある願いですかね。





 *************************


 さて、今日は久々に思いっきり2記事書きました。出来はともかくやはり書くことは発散出来て良いです。

 まだまだ書きたいですが、生活が回らなくなるので、このくらいにしておきます。


 ですます調いつも統一せず書きたいままですので、内容ももちろんですが気になる方もいらっしゃるかと思います。

  
 こんなですが読んで下さってありがとうございました。
 
 お元気で。またね(^O^)/

不思議な彼女

 

 お弁当の配達で大病院に毎日営業に行っているが、そこで清掃をしている5歳くらい年上の女性と、仕事中に会うと、初めはあいさつ程度だったのが、今では短時間言葉を交わすようになった。

 仕事中なので、人気のない廊下などで、ほぼ仕事が終わった時に、少し話す程度であるが、彼女の家族のことや、前に勤務していた自衛隊での面白い話などもうかがった。

 家も電話番号も知らない、その程度なのだが、彼女はなぜか私を気に入って下さり、会うたびに「いつもニコニコ元気で大好きですよ」と、完全な私の営業スマイルを褒めて下さった。そして「話していて感じがいい、良い方です」と、キツネにつままれるようなことをおっしゃるのだった。

 ちょっと疲れている時は、どんなに繕っていても、その方にはすぐにわかってしまい、「美人さん、元気出して」と持ち上げて下さったり、ノロウイルスやら、売り上げを気にしてふと元気がなくなった時も、「背中が泣いてますよ、しっかりね」「コロナが終息したら、安くて美味しいお店に連れて行ってあげます」悩んでいる時も、「人間関係は、あまり深入りしないことですよ」などと、何も言わないのに悩んでいることを当てられたりもした。

 

 時々、「不思議な出会いだな」と思うようなことがあるが、きっと波長が合うとか、大きく言うと、魂が共鳴するとか、そういうことなんだろう。

 人付き合いに飢えていた頃は、人生の目標は、ともかく「親友」を見つけることだった。自信がなく不可能だと思っていたけども。

 今は、僅かだけど人に信頼されるとか、ここに自分がいても良いのだろうかという空気と幸せを感じることがある。

 やみくもに友達を作るんじゃない、一生懸命何かしていれば、仲間は見つかるものなのだろう。

 

 

 精神年齢が低いのだろう、「中2男子程度」といったら中2男子に怒られるかもしれないが、どうも年下の若者にアドバイスを受けたり、説教ではないけど、教えられたり、感心させられたりもする。ありがたいことである。

 日本の将来そんなに暗くない、と思う笑

 「なんでそんなにしっかりしているの」とか「子どもの時からそんなに落ち着いてるの?」とか若者に聞くと、そういうところからも、話が広がり、その人の理解につながる・・・気がするだけかな~

 

 

 

 さて、来月、会社を辞めることで、病院にも行かなくなり、彼女にも会えなくなる。

 きっともう、これといって連絡を取ったりもしないだろう。するのかな?

 でも、一生私の心に残る人。一つ一つ、出会いに感謝して。

 

 

 

 

やるだけやるさ~

今日は、美味しそうなお惣菜を購入。煮付けに、エビチリ。水餃子。味噌汁は新玉ねぎとじゃがいも。

f:id:rtaroyma:20210523221412j:plain
f:id:rtaroyma:20210523221500j:plain
懐かしのシャービックイチゴ味。おいしい牛乳で作るとめっちゃ美味しい^_^
二男のデザートに出したら、旦那も『くれ』という、たま〜に食べたくなるお菓子です。


長男が家を出てから、解禁になった薄切りトンカツ、青菜の煮浸し、マカロニサラダ。。自分の好物ばかりです(^_^;)

f:id:rtaroyma:20210523221910j:plain
f:id:rtaroyma:20210523221738j:plain
f:id:rtaroyma:20210523221814j:plain

一人暮らしの長男は、ゲーム機を持って行かなかったようで、そのぶん時間があるのか、思ったよりちゃんと生活出来ているみたいです。

毎日忙しくて、心配するほど連絡していないのですが、たまに電話で話すと長いですねー。息子と料理の話など、するとは思っていませんでした。
ボトルタイプのだし入り味噌などを使って、味噌汁もつくってるらしい。
そして、また冷凍食品よろしくーあっついでに〇〇も送ってー。でたいていお開きとなります。




片付けしていたら、子供が小さい時に購入した、七輪と炭入れ、しかも1つは未使用、を発見。
油ものは大変ですが、パンとか焼いてもおいしかったですねー。

小さいお子さんのいる家庭に引き取ってもらいました。

f:id:rtaroyma:20210523221948j:plain
f:id:rtaroyma:20210525143553j:plain


梅雨の湿気でバサバサ、を避けるため髪を切りました。
縮毛矯正したのですが、早くもとれてきてます。パーマ液弱いのかなー?
f:id:rtaroyma:20210523221631j:plain



今週のお題「雨の日の過ごし方」

雨の日の過ごし方というか、梅雨の話題かと思い、新聞配達時のカッパについて。
こちらはまだ梅雨ではありませんが、よく雨は降りますので必需品です。
最近は通気性の良い軽い素材も出てますが、長く使っていますと、雨が染みてきたりもするようです。
やっぱり、暑いけれどしっかり厚手のかっぱが一番やね、とおっちゃんいやおじさま方と話しております。
ちなみに私のは、高校時代に買った、白い厚手のカッパです。買い換える機会がなかったのか、気づいたら年代物。『サウナスーツだね笑』とよく言われます(^_^;)


昼のお弁当屋さんの仕事は、まだ辞めていません。来月ようやくめどがつきそうで、それまで居眠り運転しないようにしないと…
時間がない、いや作れって話か。援軍は待っても来ないしね。



明日も早い、おやすみなさい。(^o^)丿

広い背中

 

 自分はおっちょこちょいで、バイクを跨ぐお転婆婆〜で、ただでさえ女性配達員は少なく、できるだけ小さく目立たず生きたいと思う。

 しかし直属の上司は、さりげなく細かく見ていてコワイ。

 バイクの手入れ1つで、部下が普段どんな様子だったかわかってるし、自分の配達を極力早く終わして、愛情もって、部下たちの帰りを待っている。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

 そう、怖くはない。優しい上司で幸運だと思う。

 雪道で転んで、見られたものなら、ずっと後々までいじられるけども笑

 こんな年上のおばちゃんでもかまってくれるし、新聞を運ぶ時、「二番手さいろ」と後ろを空けて広い背中で守ってくれる。(と勝手に思ってるだけだけど)

 さりげないヘルプ、わかりやすい指示。

 なるべく頼らずがんばって、むしろ恩返ししたいと思う。 

 ぶっきらぼうだが、配達が終われば優しくて面白い頼れる上司。

 家を出た長男、配達のアルバイトを始めた二男のことも、気にかけてくれる。

 出来の悪い部下ですが、がんばって付いていきます。^^

 

 

 最近の食卓

f:id:rtaroyma:20210508154201j:plain
f:id:rtaroyma:20210508154056j:plain
f:id:rtaroyma:20210511173001j:plain

 

 

長男が、初任給で買ってくれたお菓子と、

f:id:rtaroyma:20210507190304j:plain
f:id:rtaroyma:20210507190226j:plain

長男に、食料を届けて、空っぽになり、霜取りしてスッキリした冷凍庫。

 

 

 

f:id:rtaroyma:20210508154241j:plain

とりあえず一段落、脱力です〜

 

 

 

 

 

 

 

高岡ヨシさんのブログ記事を勝手ながら掲載させて頂きます。

 

yoshitakaoka.hatenablog.com

 

高岡ヨシさんのブログ記事を勝手ながら掲載させていただきます。

 

関連記事

bunshun.jp

 

 

 

対する私なりのコメントがこちら。 

 

拝見させて頂きありがとうございます。
このような悲惨ないじめは、悲しいことに現在、日常的に、数多く発生していると想像します。驚くことはありませんが、見聞きすれば吐き気がします。
私が子育てを始めた20年近く前あたりでも、教育者、心理学者の中には『これからの子育ての環境は、どんどん悪くなる』という意見が少なからずありました。
その頃は、『人との関わりが少なくなる、薄くなる』ことによる心の成長を危ぶむものが主流だったと思います。
その後は、ゲーム、スマホなどによる影響ももちろん危惧されていて今に至るわけですが、それらが世に浸透していくにつれ、人々は感覚が麻痺し、それらに頼り過ぎていることに諦めを感じていると思います。
私は、できる限り、そういうものに抗って子供を育てました。できる限りギリギリまで、人と交流する生活、ゲームに替わる楽しみを与えたつもりです。親の熱意や、愛情が加わることで、ゲームに勝ると信じて。
そういう生活をしていると、はっきり言って経済的にはお世辞にも豊かにはなりません。でも、人は損得やガチガチの常識、正義では育たないと思うのです。
あまりにも、今の世の中は寒すぎます。大人がだらしない。そして、そこで育った人が、大人になり、教育する立場になっていく。いじめなど、解決する力もアイデアもない。

悲しむだけの世間一般の話は飽き飽きです。
親は、『いじめがあって当たり前』の前提で、日々子供を守らなければならない。誰かに調査してもらう暇などありますか?
子を持ったら、少しずつ、信頼できる人とつながりを作り、少しでも子育てを分かち合い、何かあったら助け合える関係を作る努力が大事だと思います。

事件が起こるたび、それを引き止める誰かの言葉や、行動がなかっただろうことに憤りを感じます。
加害者やその親までも、時間を戻して育て直さなければ解決しないでしょう。
そんなことは不可能。不可能ということが、事の重大さを示していませんか。
自分さえ良ければ、という甘い考えをしてきたツケがこんな世の中を生みました。
心ある大人たちが、プラスの犠牲を払い、世の中を変えていかなければなりません。

 

 

 

 

 人生の先輩方、余力のある方、余生を謳歌するのもいいですが、一肌脱ぎませんか。

 世間一般の親としてお願いしたい気持ちです。

 身近な人間や、子供たちに関心を持つことから始めませんか。

 良識ある先輩方の力が必要です。