読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

おにぎりとサクラ

 

・・今日、午後空いてるでしょ?

と友達からラインが届いた。

 GW空いてる?と聞かれて、「空いてる日、ない」と返したのは、数日前のこと。

 

ーー空いてない。主人が風邪引いてるから、看病してる。

・・そんなに世話焼いてるわけじゃないでしょ?気晴らしに出て来なよ。

ーー駄目。GWで、どこも人が多いから。

・・人が多いとダメなの?

ーー知ってる人に会う確率高いでしょ。

・・そんなコソコソしなくていいんじゃない?

・・じゃあ、人のいないとこでも行く?

・・ホテルとか 笑

!私は既読スルーした。

・・ちょっと、引くなよ。冗談だってば。

ーー冗談でもやだ、言わないで。

・・もう、わかったよ。

 

 それから、なんとなく彼とは距離をおこうかなと、思っていたが、今日の突然の誘い。

・・植物園でも行かない?今サクラ咲いてるよ。

ーー行かない。

・・じゃあ、その手前の展望台なら?人いないよ。

・・仕事終わったら来なよ。待ってるよー。

 

 そこで終わった。無視しても良かったのだろうが、気になって、夕方、車で行ってみた。まさか、もう、帰ってるよね・・。

と、彼の車があった。中で寝ていたようだ。車を停め、メールしてみる。起きなかったら、このまま帰ろう。

 それにしても、綺麗な景色だ。山も、眼下の街も。

 彼が、車から出て来た。

 ねぼけていたので、「上の自販でコーヒーでも買って来ようか?」と言うと、「いい、要らない」と言って、しばらくぼーっと景色を見ていた。

「あのさ、私あまり時間ないんだ、帰らないと」

「あ、じゃこれやるよ、食べなよ」

彼は、車の中から、小さな包みを出して、私にくれた。

何これ? ニヤニヤしている。 開けてみると、おにぎりが2つと、小さなペットボトルのお茶が入っていた。

「俺が作ったのだけど、よかったら」えぇぇーっ!☆

「俺も食べるから、毒見に」 聞けば、お昼用に作って来たのらしい。今まで食べずにいたんだ、もしかして、来て良かったのかな?と思いながら、一緒に食べた。

「これ、高菜のおにぎり?・・おいしい!」

「母親が漬けた青菜だよ。冷凍庫から盗んできた」あははー。つい笑ってしまった。

「これは、梅干し?私大好き。」

 本当に、おいしかった。外で食べるおにぎりは、格別だった。というか、人に作ってもらったものなんて・・うれしい。(家の男たちは、全然作ってくれないので・・)

「ありがとう、少し早い母の日だよ~、感激」

「アホか 笑」

 それから、バタバタと、彼にお礼を言いつつ、お互い帰路についた。だいぶ風が強くなっていた。

 

 ちょっと、予想外のサプライズに感動した私でした。 やばい。