雨 ときどき晴れ☀

~鬱と発達障害とつきあう日々~

近い将来

 

 小さい時から、髪がくせっ毛。それもきれいなウェーブではない。ただのドライな広がる感じのクセ。雨で濡れると、さらに広がるので、梅雨時は鬱陶しい。

 周りで可愛いボブスタイルが流行っていた時も、髪が多く重くなるので、私はNGだった。なので中学生までは、ずっとショートの段カット(レイヤードスタイル?)だった。

 

 小学生の途中から、中学生にかけて、嫌なことがいっぱいあった。校内暴力、誹謗中傷や嫌がらせや性的暴行を受けたり、私の人生暗かった。父親は教員で、娘の私は品行方正、成績優秀を求められた。

 中学1~2年の時、思春期真っ盛り、私の中で何かが爆発した。夏休み、当時読んだマンガの真似をして、消毒液を買い込み、風呂場で髪に振りかけた。

 何日か過ぎると、私の真っ黒な重たい髪が、綺麗な茶金髪になっていた。すごく気に入ってしまったとともに、なぜかわからないが、つきものが落ちた気がして、嬉しかった。

 何だか、気が大きくなり、「嫌なものは嫌」と言えるような気がした。

 親は半狂乱になって、私を叱ったが、反抗して変えなかった。

 夏休みが明け、学校へ行ってみると、私の髪の色のことで、そんなに大きな反響はなかった。ただ、いずれ怖い先輩に見つかって、呼び出されるのが少し怖かった。

 友達は「なにやってんの、だめだろー」と私の髪を見て一言言ったきりだった。少し拍子抜けしたが、あとで聞いたところによると、担任の先生はうろたえ、「あいつは一体どうしたんだ」とみんなに聞いてまわったという。他の先生方も心配していたらしい。クラスメイトも「ほしっぺが不良になった」「怖い」「いろいろ学級委員とか押し付けすぎたのか?」などと、みんなで陰で気にしていたそうだ。

 知らぬは私だけであった。友達から電話があり、そのことをとつとつと話してくれた。聞いていて、こんな私でも心が動いた。みんなが心配してくれた重さにくらべたら、私の鬱憤からの出来心など、軽いものだと思った。

 それからすぐに髪の色を黒に染め戻した。思春期のドロドロした何とも言えない気持ちが消えたわけではないけれど、その時は、先生やクラスメイトたちに感謝した。

 

 高校生になって、校則が少し緩くなったこともあって、私は髪を伸ばし始めた。伸ばしてみると、かえってまとまりが良く、結ったりもできるので広がらずに済んだ。中森明菜さんや、中山美穂さん、南野陽子さんなどがお手本だった。と思う。だが、いかんせん飽きっぽい性格なので、すぐにイメチェンしたくなる。ロングになったと思えば、また中学時代の段カットにばっさり切ってしまったりもした。女子高なので、結構周りを気にせず、受験勉強の気分転換にも、ヘアスタイルをいろいろ変えた。

 

 今も、ロングも好きだし、段カットも好きである。

 子供が小さい時は、育児が大変だったので、もちろんショートの段カット。

 子供が中学生になった今は、美容院代と、時間の節約のため、ロングの毛先ふわゆるパーマにしている。カラーリングは自分で。これが私にとって、一番お金も手間もかからない気がする。

 

 今までで一番のイメチェンは、やはり、中学生の時、金髪にしたことだろう。でも、どこか後ろめたいイメチェンであり、周囲に迷惑をかけた、汚点ともいえる出来事であった。

 でも、これから密かに、それを超える明るいイメチェンを狙っている。

 それは、大好きな高島礼子さんの髪型のウイッグを作り、くせっ毛の地毛はツルツルに剃ってしまうことである。これでいちいちカラーリングする必要もないし、くせを気にして、パーマをかけることもない。洗うのもすこぶる簡単。乾かす必要もない。

 サラサラの高島礼子さんの、かっこよい髪型に、早くなってみたいと思う。

 きっかけと、お金があれば、やってみたい髪型のひとつである。

 

 

 

 

今週のお題「髪型」

 

今日はあなたに

 

 今までいろいろあったね。

 だけど、今日は、今日は感謝と愛を込めて。

 あなたの大好きな歌を。

 

youtu.be

 

お母さん、ありがとう。

 

 

 

 

感謝

 

 今日は、いいことがたくさんありました。

 

 ひとつは、お仕事が終日休みだったということ。

 

 ひとつは、初めて買った一眼レフの試し撮りをしたところ、画像が美しすぎて、クラっときたこと。

 おー。感動だなぁ・・!

 外に出て写真を撮りたいけど、あいにく明日も雨らしい。

 

 

 ひとつは、半年ぶりに美容院に行って、パーマをかけたこと。

 美容院に行くのは、はっきり言ってめんどくさいし、好きじゃない。だけど、パーマをかけないと、逆にくせ毛で広がっちゃう。半年に1回のノルマ終了。

 せっかくセットしてもらったが、帰り、雨に濡れてバサバサになったのが残念✋

 今週のお題『髪型やイメチェン』話。おー。書きたいね。今日はちょっと時間がないから、明日書こう。

 

 

 もうひとつは、母の日のプレゼントで、子供たちが、シルバーのリングを買ってくれたこと。

 900円のものだったけど、お小遣いを出し合ってくれて、超絶うれしかった。

 

 

 

 

f:id:rtaroyma:20170513195005j:plain

 

 

 

 それから・・みなさんの、あたたかいコメント、ブックマーク、スターをいただき、幸せな気持ちでいっぱいです。

 なんとお礼を言ったらいいのか。

 ありがとうございます。

 みなさんのこと、愛してます。

あったかーい気持ち

 

 とっても書くのがためらわれる。でも書きたい。いや恥ずかしい。でも書かずにはいられない。

 なぜためらわれるのか?

 あなたには、ブログを読まれたら恥ずかしい人っていませんか?

 ・・こんなことを書きたいけど、内容が暗すぎて、あの人に引かれたらいやだなぁ。

 ・・あんなことを書きたいけど、きわどすぎて、真面目なあの人に読まれたら恥ずかしいなぁ。

 ・・そんなことを書きたいけど、あの人の好みの話じゃないから、どうしようかなぁ。

 なんて。よく思う。

 

 どうしてだか、私なんかにとっては、もったいないくらいの数の、読者さんがついて下さったので、こんなにアホなことばかり書いていていいのだろうか、と思う。

 恥ずかしいが、書きたい、吐き出したいのだから、仕方ない。

 あまりにくだらないつぶやきは、まだ裏ブロに書くとしても、でも半分は、誰かに聞いてほしいと思っているから書くんだろうな。

 そう思いながら、今日も心の趣くままに、書いてしまう。

 

 

 好きな読者さんがいる。たくさんいるが、その中の一人の方のこと。

 変な意味で好きなのではない。なんとなく、人間的に好きなのだ。

 

 私が恥ずかしい記事を書こうが、どんな記事を書こうが、いつもたくさんのスターをつけて下さる。特に良かった記事には、さらに上乗せして。

 こんな自分のことを、全部受け入れてもらえているようで、なぜなのかと疑問に思いつつ、心が温かくなる。 

 忙しい方なのに、本当に困っているときは、温かいコメントを下さる。

 

 

 私なんかは、きっとすぐに忘れられてしまうような、ちっぽけな存在だと思う。

 でも、私は、その人が長くブログを更新しなくても、ずっとずっと忘れないだろう。

 

 

 その人が教えてくれた、好きな曲から一つ、詞をお届けします。

 

 

 

 

『僕は電話をかけない』

 

 

 僕は電話をかけない 

 彼の話は長いし 

 大事な用事は誰か僕のベルを鳴らす

 

 僕は手紙を書かない 

 だから返事も来ないし 

 大事な言葉はいつも僕の頭の中

 

 だけど すぐに君と話し合えるよ

 会いに行くよ 

 同じ空の下

 

 僕はTVをつけない 

 だから誰かのうわさも 

 野球の結果も多分そっとしておくだけ

 

 僕はめがねをかけない 

 だから見えない物まで知ることはないし 

 曇るレンズの向こう側へ

 

 だけど すぐに君は見つけられるよ

 会いに行くよ 

 同じ空の下

 

 僕は電車に乗らない 

 鉄のレールは硬いし 

 行き先はいつも同じホームの向こう側

 

 僕は電話をかけない 

 だから約束しないし 

 大事な用事は誰か僕のベルを鳴らす

 

 だけど すぐに君と話し合えるよ

 会いに行くよ 

 同じ空の下

 

 急ぐ街の遠く うわの空飛び

 会いに行くよ 

 風にゆらゆら揺れて

 

   

 

         作詞 黒沢秀樹

          

 

 

 

・・なんとなく、忙しい毎日の中、綺麗な5月の空を見ると、この詞を思い出してしまう。 

「この曲を聴くと、こう思うんだ」とブログに書いてあった言葉が、とてもすてきだった。

 

 この方のブログを読むと、彼の幸せを願ってしまうと同時に、なぜか、すべての人の幸せを願ってしまう。

 人を和ませ、あったかくさせる、不思議な人。

 愛してます。笑

 変な意味じゃなく。

 でもやっぱり・・

 読まないで。(/ω\*)

 

 

  

明日からまた4人、節約生活だなっ。笑

 今日は、子供二人、お泊りでいなくて、寂しいので、相棒(主人)と高台にあるレストランへ行ってきました。

 相棒は夜勤で早めに寝るので、夕方早い時間にやってきました。

f:id:rtaroyma:20170511182643j:plain

 レストランの名前は『えすかるご』

 眺めがきれいです 

f:id:rtaroyma:20170511183124j:plain

f:id:rtaroyma:20170511182945j:plain

巣箱が設置されてます🐦

 

広い店内

f:id:rtaroyma:20170511182845j:plain

 

f:id:rtaroyma:20170511182900j:plain

食事は5時からだったので、それまで、メニューを見ながらコーヒーを飲みました。

 

f:id:rtaroyma:20170511183013j:plain

 

f:id:rtaroyma:20170511183147j:plain

 

f:id:rtaroyma:20170511183206j:plain

 

f:id:rtaroyma:20170511183033j:plain

相棒は、今日のおすすめから『フルーツトマトとモッツアレラのパスタ』

・・一口いただいたけど、フルーツトマトのソースがジューシーで、とても美味しかったです。麺もグッド!👍でした。

私は、本当は『魚介のブラックパスタ』と迷ったのですが・・・春らしく、『筍とこごみとハーブ鶏のジェノベーゼ』にしました。

・・・しかし・・!

f:id:rtaroyma:20170511182724j:plain

 

やっちまったよ、おっかさん。パスタとピザ、読み間違えたよ!! 気取ってたけど、やっぱり生粋のジャパニーズピーポーだったよ!

相棒、つっこめよ!! 

あっ、あー、パスタ食べたかったんだけど(^_^;)

f:id:rtaroyma:20170511183807j:plain

まっ、いいか。思ったより軽くてサクサク、いくらでも食べられそうな美味しいピザでした。ハーブ鶏もやわらか~かったです。

美味しかった、ご馳走様でした。☕

 

量的には、女性向けで、私はちょうど良かったです。というか、ピザは半分こしました。相棒は、近々健康診断があるので、まーこれでいいや、と言っていたけど、普通の男性だと、何点か注文しないと、だいぶ物足りないかな?という感じです。

 

でも、普段来ないような、お洒落なお店に来れて良かったです。サンキュー。

次来ることがあれば、女性のお友達とがいいですね!お嬢さんたちをはべらせて、ノンアルでも飲みながら乾杯したいな。へへー(嘘です)

 

 ・・つーか、今日頂いたのなら、作れそう!!

 そーだ、作るべ!(一応元調理師)もっとタケノコとこごみいっぱいにして!笑

 

 

感想・・・やっぱ食レポ的なことは難しい! いつもやってくださる方、尊敬!!感謝です!!これからも、がんばってください♡(*´▽`*)

長男(中3)の修学旅行と焼きチョコ

 

 行き先は、鎌倉と、ディズニーシーだ。

 「班のみんなとはぐれたらどうしよう?!」

 「あ”ー、家が一番いいんだけどなぁ~」

 ・・6年生の修学旅行の時は、張り切ってたのに、今回はちょっと弱気発言。

 いいさぁ、いっぱい気持ちを揺らして、行っておいで。

 大丈夫だから。

 そうやって、きっとまた成長するんだもんね。

 

 はぐれた時のために、インターネットで、周辺のバス停や駅を調べる長男。

 相当心配なようだ。

 大抵のことはなんとかなる、って肌で感じるためには、何事も経験だよなぁ、と思う。

 

 それ以外は、持ち物の準備も、慎重に自分でやっていた。私は、新幹線の中で食べるおにぎりを作ったり、お小遣いを用意しただけ。

 ずいぶん、手がかからなくなった。 

 

 

 朝、友達からメールあり、会える?と聞かれたが、やることがたくさんあって、会えない、ごめんと返信した。

 実際、家のことをいろいろしなければならなくて、庭の雑草をむしったり、花を植えたり、ごみをまとめたり、久々にやっていた。

 夕方、仕事から帰って来ると、郵便受けに何か荷物がはさまっていた。

 なんだろうと見てみると、お菓子のようだった。友達からのお土産だった。

 お礼のメールをしたら、「花きれいだね。また」と返って来た。 

 

 

 それから、今度は、明日出発の二男の宿泊学習の準備。

 こちらは、まだ一人で準備できず、ちょくちょく私に聞きに来る。

 二男も、2年後の修学旅行には、もう手がかからなくなっているだろう。

 だから、これが最後の手伝いかな、と思った。

 

 いちいち感慨深いなぁ。

 

 明日は、仕事の合間に、部活動の体育館の抽選会に行く。子供にしてやれることが、だんだん限られてくるようになった。せめて、今してやれることを積極的にしてやろう。子供のためというより自分のため、、かな?

 

 今日も、地味だったけど、がんばった、いい一日だった。

 周りの人がいい人たちで、仕事もがんばれた。感謝。

 明日もいい一日になりますように。

 

 明日は子供2人いなくて寂しいぞー。

 あーぁ。。掃除でもするか。うん。

 

 

 

座右の銘とは

  

 私が生きるに最も必要だった言葉である。

 それは・・『嘘も方便』という言葉。

 これはわりと私にとって意味が深い。

 私は、何かと自分に自信のない子供だった。もともとは山の中で育ち、自然児のお転婆だったが、小2で転校してから、環境の変化に慣れず、大人しくなり、自由闊達さもなくなってしまった。自意識だけがやけに発達した時期といってもいい。

 それなのに、学校では花々しく学級委員をやらされたり、陸上選手に選ばれたり。学級委員は、半分押し付けられて、やっていた。上手くみんなをまとめられるわけでもないのに、正直困った。大変だった。

 陸上やリレー選手に選ばれると、「いい気になるなよ」というカミソリ入りの手紙をもらったり、中1のバスケ部だった時に、スリーポイントシュートを2回連続決めたら、先輩に呼び出されて「生意気だ」と小突かれた。自転車をパンクさせられたりもした。

 本当は、怖くて、泣きたいことが多かった。でも、そんなそぶりをみせたら、ますます嫌がらせがエスカレートするだろうと思った。

 だから、そんなの平気、何も感じていない、堪えていないふりをした。

 当時のことを聞いてみても、クラスメイトだった人は、私の明るい性格しか覚えていないという。大袈裟にいえば、周囲をだますには、まず自分からだますことである。

 自信がないにもかかわらず、「みんな私をうらやましく思って、やっかんでいるんだ」と思うことにした。そうしないと、怖くて震えて立っていられなかったのだ。

 自分に嘘をついて、強いふりをする。強いふりをして、なんとかその場その場を切り抜けていた。

 友達に、いじめられている子がいた。あまりにひどいので、震える体に「自分は無敵」と言い聞かせて、いじめっ子のところに対峙しに行った覚えがある。

 特に通っていた中学校は、校内暴力などで一部荒れていて、怖かった。そういう時代だった。

 不登校になりかけたが、親が理由も聞かず、許してくれなかった。

 体調が悪くても、「自分は元気なんだ」と言い聞かせて頑張った。おかげで、疲れ果て休みの日は一日ぐったり寝込んでいた。

 

 それから、思い出すのは、長男が小さかったころ、かんしゃくがひどく、子育てが大変だった時。 少しのことがストレスになり、泣き叫ぶ長男を、何度虐待しかけたことか。心では泣きながら、「この子はかわいい」と言い聞かせた。そうすれば、少しはそう見えてくるものであった。本当は「かわいい」と思う余裕などなかった。しかし、最初は嘘でも、言い聞かせているうちに、そんな気持ちになったりもするのだ。そうやって、ピンチを切り抜けて来れたかはわからないが、そうしなければ、生きてこれなかった。

 自閉っ子の長男は、発達が遅く、気持ちも弱かった。私のように。千回でも、二千回でも、「できるよ!やってごらん」と励ました。できるかどうかはわからなかったが、そうしているうちに、ゆっくりと彼はいろんなことができるようになった。

 

 私は弱い人間だと思う。でも、今日も「できない」「怖い」と思いつつ、「いや、何でもできる人間なんだ」と言い聞かせる。何度も挫ける。そしてなんとか、一日を生き抜く。

  

 

 映画『ライフ・イズ・ビューティフル』も、厳しい環境の下、優しい嘘の積み重ねで、生きる希望を見出していた。

 嘘は決して悪いことじゃない。そう思う。

 

rtaroyma.hatenablog.com

 

 嘘は決して悪いことじゃない。

 だけど・・

 私は、子供に、気持ちが素直に言えるよう、言って周囲に助けてもらえるよう、療育の先生の指導の下、ずっと教えてきた。

 時として人に甘えられるように。。

 できれば嘘は最小限に、本音で生きられるように。

 私のように、生き辛くならないように。 そして人に愛されるように。。

 そして、子供たちの座右の銘が、好きな言葉が、私のそれとは違うものになることを願っている。

 

 

 

 

今日からまた頑張ろう

 

 今週末、長男(中3)は修学旅行に、二男(中1)は宿泊学習に出発する。

 二人ともいない日が1日だけある。主人には、そのことは黙っていた。

 どうして?うーん・・なんとなく。

 でも、昨日、あちらから二人の日程を聞いてきたので、主人の知るところとなってしまった。

「どうする?その日の夕方、二人で飯でも食べに行く?」主人の方から言って来た。

「でも、夜勤だし、早く寝るんでしょ?」

「メシくらいいいさ」

「じゃあ、考えとく。手軽なコース料理とか食べたいなぁ・・?」

「いいよ」

「ありがとう」

ちょっとコース料理を思い浮かべて、嬉しくなった私。

「・・・しほ」

「?」

「どうする?」

・・ドキ。胸騒ぎがする。

「なに?イタリアンかフレンチ、どっちにするかって?」

 

「・・も一人子供つくる?」

・・!赤面、というか、そんなストレートに言うか。勘弁してほしい・・

「やだ、、もう、バカ」

勘弁してほしいのだが、はっきり断ることもできない。

「できちゃったら、困る・・」というのが精いっぱい。

「そうそう、最近、少し瘦せたんだよね。だから胸も一段と痩せちゃって、だめだめ、はは。。」

何を言っているのか、自分でもわからない。なんとなく誤魔化そうとしているだけだ。

いいじゃん、・・お前いい乳房してるよ

・・!頭どっかーん!であある。もう耐えられない。そそくさと台所に立ち、なんとなくキャベツの千切りをひたすら刻んだ。

 主人もさすがに恥ずかしくなったのか、じゃ、出かけてくる、と言って、行ってしまった。

 ああ、やだー!もう!そういうこと言わないで。今週末、怖いよー。

 なぜか頭の中をワンオクのラブソングが流れた。知り合ってもう20年。そんな感じちゃうで!と必死で雑念を追い払ったことは言うまでもない。